エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  いわてけんキッズページ  ›  岩手が一番


ここから本文です。

岩手が一番

ID番号 N16981 更新日 平成29年6月9日

りんどうの生産量

リンドウのイラスト

岩手のりんどうは面積(めんせき)・生産量(せいさんりょう)ともに日本一です。
昭和30年代から改良(かいりょう)を重ね、今では初夏(しょか)から晩秋(ばんしゅう)までそれぞれの時期(じき)に咲く品種(ひんしゅ)をそろえ、全国(ぜんこく)の約60%を生産(せいさん)するまでになっています。


木炭の生産量

木炭のイラスト

広大(こうだい)な森林面積(しんりんめんせき)をもつ岩手県には、木炭(もくたん)の原木(げんぼく)となるナラ、クヌギなどが豊富(ほうふ)にあります。県北(けんぽく)の市町村が中心となって生産している木炭は全国の生産量(せいさんりょう)の約30%を占め、日本一を誇(ほこ)っています。


ワカメの生産量

ワカメのイラスト

岩手のワカメの養殖(ようしょく)は昭和40年頃から急速(きゅうそく)に三陸沿岸(さんりくえんがん)に拡(ひろ)がり、現在では、養殖(ようしょく)ワカメの生産量(せいさんりょう)は全国の生産量の約35%と日本一です。


ホップの生産量

ホップのイラスト

ホップの原産地(げんさんち)は西アジアで冷涼(れいりょう)な温帯地方(おんたいちほう)に生育(せいいく)すると言われています。冷涼な地である岩手は、ホップ栽培(さいばい)に適(てき)しており、日本一の生産量(せいさんりょう)を誇(ほこ)っています。


日本短角牛の飼われている数

短角牛のイラスト

日本短角牛(にほんたんかくぎゅう)は、正式(せいしき)には日本短角種(にほんたんかくしゅ)と呼ばれます。県内ではたくさんの牛が育てられ、飼(か)われている数(かず)は日本一です。また、前沢牛(まえさわぎゅう)などに代表(だいひょう)される岩手の牛肉(ぎゅうにく)は、品質(ひんしつ)の高さでもトップクラスです。
 


透明度日本一の龍泉洞

龍泉洞のイラスト

日本三大鍾乳洞(にほんさんだいしょうにゅうどう)に数えられ、国の天然記念物(てんねんきねんぶつ)に指定(してい)されている龍泉洞。
湧き出る清水によって地底湖(ちていこ)が形成されていて、中でも第3地底湖は水深(すいしん)98m、透明度(とうめいど)41.5m、第4地底湖(未公開)の深さは120mもあり日本一です。世界でも有数の透明度を誇ります。

このページに関するお問い合わせ

秘書広報室 広聴広報課 広聴広報担当(広報)
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5283 ファクス番号:019-651-4865
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.