エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  >県土づくり ›  建設業  ›  新技術・経営革新  ›  平成30年度建設業経営講習会の開催について


ここから本文です。

平成30年度建設業経営講習会の開催について

ID番号 N48552 更新日 平成30年9月11日

岩手県では、経営革新に取り組む建設企業を支援するため、平成18年度から経営力強化、新分野進出、企業再編などのテーマで、主に建設企業の経営者の方々を対象としたセミナーを開催しています。

第1回建設業経営講習会「業務繁忙の中で働き方改革にどう取り組むか ~先進事例にみる生産性向上の進め方~」

日時

平成301012日(金曜日) 13301530

講師

 株式会社建設経営サービス 提携講師 五十嵐 健 氏

内容

 建設産業は機械化が進んだ今も基本的に「人が主体のシステム産業」であり、かつ現場の状況に合わせた作業が多いため、製造業と比較し時間短縮や生産性の向上が難しい仕事であるが、現場の生産効率を高めて、働く人の収入の向上を図らなければ、若手人材の確保は難しくなります。
 そこで、本講習では、生産性向上の進め方について、地域建設会社の目線で事例を基にわかりやすく解説します。

対象者・定員・受講料

【対象者】県内建設企業の経営者、後継者、経営幹部(営業・工事)

【定員】160名

【受講料】無料

第2回建設業経営講習会「人手不足対応に生かす現場代理人の意識変革と発想」(CPDS認定講座)

日時

平成3011月2日(金曜日) 13301600

講師

株式会社建設経営サービス 提携講師 中村 秀樹 氏

内容

 2020年東京オリンピック後の企業力は、今の努力により決まると言っても過言ではありません。しかし、実際には、仕事があっても人手不足の状況で従来同様の工事運営をすることで、下請を確保できず工事が遅れたり、手直しや経費増大が発生したりと、最終的に利益が出せずに悩んでいる企業が多いようです。
 そこでカギとなるのが、発想を変える施工の段取りを下請企業と手を組んで実行することや若手を育成する企業づくりにも着手することです。 
 本講習では、これらのヒントを資料や事例で解説します。

 対象者・定員・受講料

【対象者】県内建設企業の現場代理人、工事部門管理者、経営者

【定員】160名

【受講料】無料

第3回建設業経営講習会「現場技術者にとっての利益率アップのポイント」(CPDS認定講座)

日時

平成30年11月12日(月曜日) 13:30~16:00

講師

株式会社建設経営サービス 提携講師 堺 逸郎 氏

内容

 「原価管理」とは、一般的に「実行予算管理」を指すことが多いのですが、「実行予算管理」イコール「原価管理(コスト低減)」ではありません。多くの現場技術者は、実施工の現場でいろいろな体験をしながら、コスト低減のためのテクニックを身につけていくことになります。しかしながら、その範囲が多岐にわたるため、個々人が体得した「コスト低減のためのノウハウ」が単なる知識の寄せ集めで終るという結果となります。「原価管理(コスト低減)に関するノウハウ」のシステム化が十分ではないと、ノウハウの社内や世代間での継承や教育がうまくいかないという結果に繋がります。 
 本講習では、次世代の若手技術者とともに、管理部門の責任者の方々に対しても、「現場の利益率アップ」を図るためのノウハウを講師の具体的な現場経験を踏まえながら、全体像をシステムとして説明します。

 対象者・定員・受講料

【対象者】県内建設企業の工事監理部門責任者、現場技術者

【定員】160名

【受講料】無料

申込み方法

 受講申込書に必要事項を記載の上、ファクスで申込み願います。

 ファクス:019-629-2052

 申込み締切:各セミナーの開催日より1週間前

  (注)定員になり次第締め切らせていただきます。

 【問い合わせ先】岩手県 県土整備部 建設技術振興課(磯崎)

           電話:019-629-5942(直通)

このページに関するお問い合わせ

県土整備部 建設技術振興課 建設業振興担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5942 ファクス番号:019-629-2052
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefectural Government All Rights Reserved.