エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県北広域振興局  ›  二戸農業改良普及センター  ›  二戸地方の食文化  ›  「食の匠」 二戸市 小野知子 『かますもち』


ここから本文です。

「食の匠」 二戸市 小野知子 『かますもち』

ID番号 N17225 更新日 平成26年1月17日

料理の紹介

小昼やおやつとしてよくつくられています。みそあんのかわりに、ごまあん、きなこあんを入れるなど、家庭によって特徴があります。

材料(5個分)

  • 小麦粉 200グラム
  • 熱湯 200cc
  • 黒砂糖 60グラム
  • みそ 4グラム
  • 刻みくるみ 10グラム

作り方

  1. 黒砂糖、みそ、刻んだくるみをあわせて、水少々を加えて練ってみそあんをつくる。これを5等分しておく。
  2. 小麦粉に同量の熱湯をいれて、よくこねる。
  3. 2を5等分し、直径7センチくらいの円盤状に伸ばし、中央に1のみそあんを入れて二つ折りにして半月状(かますの形)にまとめる。この時、中のみそあんが外に出てこないようにふちをしっかりととめる。
  4. たっぷりの熱湯でゆでる。浮き上がってきたら鍋から取りだし、すぐ冷水に入れ、水を切る。

料理のポイント

半月状(かますの形)にする時に、みそあんが出ないようにふちをしっかりととめること。

豆知識

県央から北部の地域では、かます(わらで織ったむしろの袋)形の餅がつくられていて、かまやき、ひゅうずと呼ばれている。

(平成9年認定)

かますもちの盛りつけ写真

このページに関するお問い合わせ

二戸農業改良普及センター
〒028-6103 岩手県二戸市石切所字荷渡6-3
電話番号:0195-23-9208 ファクス番号:0195-23-9387
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.