エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県北広域振興局  ›  二戸農業改良普及センター  ›  二戸地方の食文化  ›  「食の匠」 二戸市 三浦栄子 『きゃばもち』


ここから本文です。

「食の匠」 二戸市 三浦栄子 『きゃばもち』

ID番号 N17220 更新日 平成26年1月17日

料理の紹介

小麦粉に黒砂糖、くるみ、重そうを加えてこね、柏の葉で包んで焼いてつくるおやつです。ホットプレートを使うので簡単にでき、柏の葉の香ばしいかおりが特徴です。

材料(6個分)

  • 小麦粉 200グラム
  • 砂糖 40グラム
  • 黒砂糖 40グラム
  • くるみ 20グラム
  • 塩 6グラム
  • 重そう 小さじ3分の1
  • 水 120ccから140cc
  • 柏の葉(乾燥させたもの) 6枚

作り方

  1. 小麦粉はふるいにかけ、砂糖、黒砂糖、粗く刻んだくるみ、塩、重そうを混ぜる。
  2. 1に水を少しずつ入れながら、へらで混ぜる。耳たぶくらいの軟らかさにする。
  3. 2を6等分し、それぞ柏の葉にのせてはさむように包む。
  4. ホットプレートを中温に温めて3をのせ、ふたをして10分焼き、裏返してさらに10分程度焼く。薄く焦げ目がつけばよい。
  • 調味料の量は、好みで調整できるが、この分量が冷めた時にもおいしい。
  • 柏の葉がない時は、生の桑の葉、みょうがの葉等も使える。葉の種類によってできあがりの香りが違う。また、葉の大きさにあわせて包む分量は調整すること。

料理のポイント

  • ホットプレートを使いふたをして蒸し焼きにするところがポイント。ホットプレートで焼くと薄い焦げ目でも中までよく焼け、柏の葉の香ばしい香りが程良くでる。
  • 柏の葉は、固さがちょうどよくきれいな葉が手に入る7月中旬頃までに採取して、10枚ずつ束ねて紐で結んで、自然乾燥させる。
  • 柏の葉の乾燥が、きゃばもちのできあがりに影響するので、日陰で吊して乾燥し、雨や風に当たらないようにする。

きゃばもちの盛りつけ写真

このページに関するお問い合わせ

二戸農業改良普及センター
〒028-6103 岩手県二戸市石切所字荷渡6-3
電話番号:0195-23-9208 ファクス番号:0195-23-9387
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.