エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県北広域振興局  ›  二戸農業改良普及センター  ›  二戸地方の食文化  ›  「食の匠」 九戸村 小野寺ツギ 『豆しとぎ』 


ここから本文です。

「食の匠」 九戸村 小野寺ツギ 『豆しとぎ』 

ID番号 N17210 更新日 平成26年1月17日

料理の紹介

かつては、旧暦12月12日には山の神様にお供えし、春先にはウグイスを呼ぶということでつくられていました。現在でも、秋じまい(一年の農作業をねぎらい、収穫に感謝する農家の行事)などでつくられています。

材料(4人分)

  • 青大豆 200グラム
  • 米粉(うるち) 150グラム
  • 砂糖 120グラム
  • 塩 小さじ2分の1

作り方

  1. 青大豆はきれいに洗い、一晩水に浸けておく。
  2. 1の青大豆がひたるくらいの沸騰した湯に、塩をひとつまみ入れ、1の青大豆を入れる。
  3. 湯が再び沸騰して、青大豆が動き出したら15秒後に食べてみて生臭くなければ、固めでもザルにとり湯を切って、すばやく水で洗って冷やす。
  4. 3の青大豆をミキサーで粗くつぶし(1ミリ程度の粒が残る程度)、予め混ぜておいた米粉と砂糖と塩を加えて、さらによく混ぜる。
  5. 太さ5センチ程度の棒状にまとめ、1センチ程度の厚さに切る。

料理のポイント

  • 青大豆のゆで方がポイント。ゆで方が足りないと生臭く、ゆですぎると軟らかく、色も悪くなる。
  • 大豆の色をよくするため、ゆでる時に塩を加える。

(平成9年認定)

豆しとぎの盛りつけ写真

このページに関するお問い合わせ

二戸農業改良普及センター
〒028-6103 岩手県二戸市石切所字荷渡6-3
電話番号:0195-23-9208 ファクス番号:0195-23-9387
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.