エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県北広域振興局  ›  久慈農業改良普及センター  ›  業務概要  ›  久慈農業改良普及センター 組織・活動体制


ここから本文です。

久慈農業改良普及センター 組織・活動体制

ID番号 N17617 更新日 平成28年6月2日

1 久慈農業改良普及センター業務方針

 価値提供先である顧客のニーズを的確に把握し、関係機関・団体、先進的農業経営者や組織のリーダー等のビジネスパートナーとの連携、協働のもと、農業の担い手の確保・育成、地域の特性を活かした産地の育成、環境と調和した農業生産、食の安全・安心の確保、農村地域の活性化等の今日的な課題解決に向け、専門技術や専門知識を活かしたスペシャリスト機能と方策の提案や解決の支援、人と人とをつなぐコーディネート機能を発揮しながら農業者の経営発展に貢献し、活力ある久慈地方の農業の振興と農村の活性化を推進します。 

2 活動の3本柱

  • 意欲ある担い手の育成
  • 農村の活性化支援
  • 主要品目の産地力強化

3 組織運営

  • 普及活動機能の発揮
    「スペシャリスト機能」、「コーディネート機能」の2つの機能を発揮して地域に密着した現場主義を徹底します。
  • チーム活動の強化
    活動の3本柱に対応したチーム体制とチーム内相互補完、チーム間連携で総合力を発揮した活動を展開します。

4 活動体制

 所長、普及課長3名および「担い手育成チーム」5名、「農村活性化チーム」3名、「産地育成チーム」4名で組織されています。なお、各チームの活動内容は次のとおりです。

担い手育成チーム

  • 新規就農者の確保と育成
  • 認定農業者の経営改善
  • 集落営農組織育成、運営支援
  • 収益性の高い水田利用推進

農村活性化チーム

  • アグリビジネスの推進、起業活動支援
  • ヤマブドウの地元消費拡大、地域特産品目の振興
  • 産地直売の活性化
  • 食文化の伝承活動支援、農村の魅力発信活動支援

産地育成チーム

  • 地域協働による園芸産地力強化
  • ほうれんそう収益性向上、園芸補完品目検討、花き・果樹の地域育成
  • 生乳・子牛の低コスト安定生産の推進
  • 環境保全型農業の推進

このページに関するお問い合わせ

久慈農業改良普及センター
〒028-0064 岩手県久慈市八日町1-1
電話番号:0194-53-4989 ファクス番号:0194-53-5009
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.