エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県北広域振興局  ›  久慈農業改良普及センター  ›  久慈地方の郷土食  ›  てん(ところてん)(洋野町種市)


ここから本文です。

てん(ところてん)(洋野町種市)

ID番号 N42647 更新日 平成28年2月17日

料理の紹介

天草を煮て作るところてんは、年中食べるが、特にもお盆のときに作ってお供えする習慣がある。
原料の天草は初夏にとれ、真水で洗いザル(すのこ)の上に広げて1ヶ月ほど天日干しをする。岩がついている場合があるので、かなづちで叩いて岩を取り除く必要がある。乾燥すれば常温で保存ができる。

作り方

材料(25cm角の容器分)

・天草 50g
・酢 大さじ1

お好みで
 酢じょうゆ
 黒みつ 等

作り方

(1)天草は水につけて洗い、30分くらい水につけて戻しておく。
(2)なべに(1)と水2ℓに酢大さじ1を加え、火にかける(酢を加えると煮やすくなる)。
(3)沸騰したら中火にして20分くらい煮る。
煮つめる目安は、少量を小皿にとってみて、水で冷やして固まればよい。
(4)(3)をさらし袋で濾す。
(5)(4)を型に入れ、固まったら千切りにして酢しょうゆなどでいただく。

料理のポイント

・昔は同じ天草を使って3回煮てところてんを作った。2回目、3回目は水を少なくし、新しい天草を少し加える。ところてんを凍らせたのが棒寒天で、粉末にしたものが寒天粉になる。
・寒天は冷めれば固まり、こりこりとした食感がある。口当たりはゼラチンの方が良いが気温が高いと溶け出す。
・刺し身状に切ってしょうゆやみそに漬けて食べても美味しい。角切りにして果物やみつ豆と和えても良い。

てん(ところてん)の写真

このページに関するお問い合わせ

久慈農業改良普及センター
〒028-0064 岩手県久慈市八日町1-1
電話番号:0194-53-4989 ファクス番号:0194-53-5009
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.