エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県北広域振興局  ›  久慈農業改良普及センター  ›  久慈地方の郷土食  ›  うどん(久慈市山形町)


ここから本文です。

うどん(久慈市山形町)

ID番号 N42625 更新日 平成28年2月17日

料理の紹介

昔はどの家でも小麦を栽培していたので、夕食によく作って食べていました。

作り方

材料(10人分) 

・小麦粉 1kg
・塩 大さじ1
・水 450cc

作り方

(1) ボウルに小麦粉と塩を入れ、よく混ぜ合わせる。
(2) (1)に水を入れながら、耳たぶくらいの柔らかさにこねる。
(3) 生地ができたら、ラップをして(又はビニール袋に入れて)最低でも1時間は寝かせる(熟成させる)。
(4) 台に打ち粉をしてめん棒で生地を縦横まんべんなく伸ばす。5mmくらいの厚さに伸ばしたら、生地に打ち粉をして10cm幅の屏風たたみにして、好みの太さに切る。
(5) たっぷりの熱湯で(4)を茹でたら、水で冷やしてできあがり。お好みの薬味と汁でいただく。

料理のポイント

・こね始めはまとまらないが、20分くらいこねるとまとまってくるので、半分にわけて両手でしっかりとこねる。しっかりこねないとしなみが出ない。
・うどんを茹でるときは、たっぷりの湯を沸かし、強火で煮る。
 

うどんのしゃしん

このページに関するお問い合わせ

久慈農業改良普及センター
〒028-0064 岩手県久慈市八日町1-1
電話番号:0194-53-4989 ファクス番号:0194-53-5009
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.