エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県北広域振興局  ›  久慈農業改良普及センター  ›  久慈地方の郷土食  ›  さめなます(洋野町種市)


ここから本文です。

さめなます(洋野町種市)

ID番号 N42601 更新日 平成28年2月15日

料理の紹介

種市(~八戸)地域では昔からサメが食べられてきました。さめなますは秋から冬が旬の味覚で、正月や人の集まる席で食べられる郷土の味です。

作り方

材料5人分 

サメ(生食用) 120g
ねぎ 1/3本
味噌 大さじ1
酢 大さじ1

作り方

(1)サメは5mmくらいの厚さに薄切りする。
(2)(1)を浸る程度の酢(分量外)に3分ほど浸し、ザルに上げておく。
(3)調味料を合わせ、ねぎを小口切りにして加える。
(4)食べる直前に(2)と(3)を和える。

料理のポイント

・(2)の工程で、酢で洗うことで生臭みをとる。
・味噌は白味噌でも赤味噌でも好みでよい。
・上記分量に小さじ1~2の砂糖を加えると、酸味がマイルドになり食べやすい。
・酢でしめたサメと調味料を和えた後しばらく置くと水分が出るので、食べる直前に和える。
・種市(~八戸)で主に食べられるのはアブラツノザメ。適切に処理をされた新鮮なサメは臭みもなく淡白で美味しい。

さめなます

このページに関するお問い合わせ

久慈農業改良普及センター
〒028-0064 岩手県久慈市八日町1-1
電話番号:0194-53-4989 ファクス番号:0194-53-5009
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.