エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県北広域振興局  ›  久慈農業改良普及センター  ›  久慈地方の郷土食  ›  にこもり(洋野町種市)


ここから本文です。

にこもり(洋野町種市)

ID番号 N31473 更新日 平成28年2月15日

料理の紹介

秋口から冬にかけて、根菜の集の季節になると作られる仮定料理です。丁寧に食材を切り揃え、見た目もきれいなので、お膳の一品にもなります。

作り方

材料(4人分)

・干ししいたけ 3枚

・人参 小1本

・ごぼう 20cm

・こんにゃく 1/3枚

・さつまいも 5cm

・焼き豆腐 1枚

・油揚げ 1/2枚

・さつまあげ 1/2枚

・ちくわ 1/2本

・昆布 3cm

・煮干し 3本

・しょうゆ 大さじ1・1/2

・砂糖 大さじ1/2

・片栗粉 大さじ1

作り方

1.干ししいたけはかぶるくらいの水で戻して、1cm角のさいの目に切る。

2.水2カップと昆布、煮干しを鍋に入れ、出汁をとる。

3.材料は全て1cm角のさいの目に切り揃える。ごぼうは水にさらしてアクを抜く。油揚げは油抜きをする。

4.鍋に2の出汁と水を1カップ半ずつ入れ、ごぼうを入れて火にかける。ごぼうが柔らかくなったら人参を入れる。

5.人参が煮えたら、1(戻し汁を少々)、こんにゃく、油揚げ、さつまあげ、ちくわを入れ、調味してしばらく煮込む。

6.野菜のうまみが煮汁に出たら、さつまいもと焼き豆腐を表面に重ねるように入れ、かき混ぜずに煮込む。

7.さつまいもが煮えたら、同量の水で溶いた片栗粉を加え、ざっとひと混ぜし全体にとろみをつける。

8.ゆっくり冷まし、味をなじませる。

料理のポイント

・具材は必ず9品で作る。干ししいたけ、人参、ごぼう、さつまいも、焼き豆腐は必ず加えるが、他の4品は豆やワラビなど、好みで置き換えてもよい。

・さつまいもと焼き豆腐を加えたら、かき混ぜないのが煮崩れしないポイント。

・冷める過程で具材に味が染み込むので、最初から濃い味付けにはしない。冷めても温める直しても美味しい。

にこもり

このページに関するお問い合わせ

久慈農業改良普及センター
〒028-0064 岩手県久慈市八日町1-1
電話番号:0194-53-4989 ファクス番号:0194-53-5009
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.