エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県北広域振興局  ›  久慈農業改良普及センター  ›  久慈地方の郷土食  ›  ほどもち(久慈市山形町)


ここから本文です。

ほどもち(久慈市山形町)

ID番号 N31465 更新日 平成28年2月15日

料理の紹介

「ほど」とは囲炉裏の事で、小麦生地で砂糖味噌とくるみ、黒砂糖を包んだ団子を囲炉裏の灰にうずめて蒸し焼きにしたので、このように呼ばれています。現在では囲炉裏はほとんど見かけられなくなりましたが、ホットプレートでも美味しく仕上がります。

作り方

材料(8個分)

・小麦粉 500g

・塩 小さじ2/3

・熱湯 1 ・1/2カップ

・砂糖味噌※ 小さじ4

・黒砂糖 小さじ4

・くるみ 24片

・黒ごま 少々

※砂糖味噌・・・砂糖:味噌=1:1で混ぜ、火にかけて木べら等でかき混ぜながら砂糖に溶かす。溶けたら密閉容器に入れ冷蔵庫で保存する。

作り方

1.ボウルに小麦粉をふるい入れ、中央をくぼませておく。くぼみに熱湯を入れ、などでぐるぐるとかき混ぜ、全体に水分をなじませる。

2.1がまだ熱いうちに手でこねる。粉っぽさがなくなり、全体が均一に滑らかになるまでこねる。

3.2の生地を100gづつに量り、分けておく。生地を1つ取り、丸めて平らにしたら中央を少しくぼませて、砂糖味噌、黒砂糖の順にそれぞれ小さじ1/2程度ずつ、くるみを3片ほど乗せ、生地を包んで団子にする。団子の表面中央に黒ごまを飾る。他も同様にして団子にする。

4.ホットプレートを230度に温めておく。間隔を取りながら団子をプレートに並べ蓋をして、下面に焼き色がつくまで温度を調整しながら蒸し焼きにする。

5.下面に焼き色がつき、上面を触ったときに乾いていたらひっくり返し、保温にして、蓋をして焼く。

6.蓋を開け、上面の肩のあたりがひび割れてきたら焼き上がり。

 

料理のポイント

・ホットプレートの温度設定はメーカーで異なるので、適宜調整しながら焼くこと。

・焼き立てが最も美味しいが、冷めてもレンジで軽く温め、オーブントースターで表面を少し焼くと良い。電子レンジで温め過ぎると砂糖味噌が固くなるので注意する。

・団子生地はこねるほど固く仕上がるので、こねる加減に注意すること。

ほどもち

このページに関するお問い合わせ

久慈農業改良普及センター
〒028-0064 岩手県久慈市八日町1-1
電話番号:0194-53-4989 ファクス番号:0194-53-5009
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.