エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県北広域振興局  ›  久慈農業改良普及センター  ›  久慈地方の郷土食  ›  かんぴょうのくるみ和え(普代村)


ここから本文です。

かんぴょうのくるみ和え(普代村)

ID番号 N13822 更新日 平成26年1月17日

料理の紹介

くるみ和えは正月や冠婚葬祭に必ずつくるごちそう。
和える具はかんぴょう、ふき、きのこなど。

作り方

材 料(5人分)

  • かんぴょう(乾燥)50グラム(もどしたもの160グラム)、塩、しょうゆ
  • くるみ 40グラム
  • 豆腐 60グラム
  • 水 大さじ2分の1
  • 砂糖 大さじ2
  • しょうゆ 大さじ2分の1
  • 塩 ひとつまみ

作り方

  1. かんぴょうは水に戻して5センチの長さに切り、鍋に入れて浸る位の水を加えて火にかける。煮たってきたら塩としょうゆで薄味をつけて弱火で静かに1時間位煮る。煮上がったら、汁気をきる。
  2. くるみをすり鉢でする。くるみがなめらかにすれたら、布巾などでしっかりと水分を絞った豆腐を加えてすり、水、砂糖、しょうゆ、塩で味を調える。
  3. 2.のくるみだれに1.のかんぴょうを加えて和える。

料理のポイント

  • かんぴょうは薄味で柔らかくなるまで煮る。
  • くるみに甘みがあるので、かんぴょうを煮るときには甘みを入れない。
  • くるみを滑らかになるまですること。水分はあまり加えず固めにすること。
  • かんぴょうの汁気をとってから和えること。

かんぴょうのくるみ和えの盛り付け写真

このページに関するお問い合わせ

久慈農業改良普及センター
〒028-0064 岩手県久慈市八日町1-1
電話番号:0194-53-4989 ファクス番号:0194-53-5009
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.