エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県北広域振興局  ›  久慈農業改良普及センター  ›  久慈地方の郷土食  ›  うきうきだんご(野田村)


ここから本文です。

うきうきだんご(野田村)

ID番号 N13790 更新日 平成26年1月17日

料理の紹介

きび粉で作っただんごを、あずき汁に入れて煮たもので、煮えるとだんごが浮いてくることから、「うきうきだんご」と名付けられたといわれる。
神々に対する感謝や祈りの気持ちを託す供えものとして作られた郷土料理である。

作り方

材料(4人分)

  • たかきび粉 150グラム
  • もち粉 100グラム
  • 熱湯 約1カップ
  • あずき 1カップ
  • 砂糖 100グラム
  • 塩 小さじ2分の1
  • 水 5カップ

作り方

  1. 鍋にあずきとたっぷりの水を入れ強火にかけ、煮立ったらあずきを
    ザルにあげ湯を全部捨てる。
  2. あずきを鍋に戻し水5カップを加え中火で煮る。
  3. 軟らかくなったら、木杓子で半つぶしにし、減った分の水を足し(最初に鍋に入れた水の高さを確認しておく)、あずき汁の硬さを調製する。
  4. 砂糖を加えたら手を休めず木ベラで鍋底から混ぜる。
  5. 塩を加えて味を調える。
  6. きび粉は熱湯を加えたら箸などでよくこね、ある程度まとまりだしたら熱いうちに手でこねる。直径2.5センチぐらいの球状に丸め、真ん中を人差し指で押して凹みをつけ、煮たっているあずき汁の中に入れる。
  7. だんごが浮き上がったら火を止める。

料理のポイント

  • 真ん中のへこみがあることから「へっちょこ(へその方言)」とも呼ばれる。
  • あずき汁は砂糖入れると焦げ付きやすくなるので、火にかけている間は手を休めず混ぜること。
  • 昔はたかきび粉だけで作られていたが、もち粉を加えることで硬くなりにくくもちもちしただんごに仕上がる。
  • 好みで砂糖の量を加減しあずき汁の甘さを調製する。白砂糖の代わりにざらめを使うとすっきりした甘さになる。

うきうきだんごの盛り付け写真

このページに関するお問い合わせ

久慈農業改良普及センター
〒028-0064 岩手県久慈市八日町1-1
電話番号:0194-53-4989 ファクス番号:0194-53-5009
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.