エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県北広域振興局  ›  久慈農業改良普及センター  ›  久慈地方の郷土食  ›  18 あんぴん


ここから本文です。

18 あんぴん

ID番号 N11503 更新日 平成26年1月17日

市町村:野田村
氏名・団体名等:新山 幸子(食の匠)

料理の紹介

あんぴんは、中にあんを入れた餅で、野田村では昔は田植え時やさなぶりのおやつとして、また、お祝い時に配る等の特別な時に作るごちそうだった。野田村では、大福のとを「あんぴん」という。ぴんとは餅のことである。もち米をつき、餅によもぎを入れあんをくるめば「くさあんぴん」、ごまを入れあんをくるめば「ごまあんぴん」という。
このあんぴんは、昔ながらのあんぴんを少し変えて、餅に砂糖と塩で味をつけ、くるみとごまを混ぜている。しっかりとした歯ごたえとこしがあり、時間がたってもかたくなりにくいのが特徴である。

作り方

材料(10人分)

  • もち米 1キログラム
  • ふり水 60cc
  • 砂糖 30グラム
  • 塩 5グラム
  • くるみ 20グラム
  • 黒ごま 30グラム
  • あん 660グラム
  • 片栗粉 2カップ

作り方

  1. もち米は、きれいに洗って、たっぷりの水につけて一晩おく。
  2. あんは、30グラムずつに丸めておく。
  3. 1のもち米をざるにあげて水切りし、湯気の上がった蒸し器に入れ、30分位強火で蒸す。もち米の臭いがして、はしをさしてみてもち米が柔らかくなるまでしっかり蒸す。
  4. 餅つき機に3の蒸し上がったもち米を入れ、ふたをして、もちにまとまるまで5分位つく。
  5. 餅つき機のふたをとりさらに15分位つく。途中、大さじ1の水を2回加えながらつく。
  6. 5のもちが冷めてきたら、砂糖と塩を加え、さらに5分位つく。途中で大さじ1の水を加える。
  7. 餅つき機を止め、6のもちにくるみとごまを加え、ふたをして2分位つき、ふたをとり、大さじ1の水を加えてさらに5分位つく。くるみとごまが均一に混ざり、もちにつやが出てくればつきあがり。
  8. 7のもちを70グラムずつちぎり、片栗粉をしいた打ち板に並べる。もちを手に取り、真ん中にあんをのせ、もちで包みまとめる。

あんの作り方

小豆6キログラム(砂糖5キログラム)を一度に加工し、小分けして冷凍保存して置き、必要な分ずつ出した使う。あんの出来上がり量は約15キログラム。

  1. 小豆は、きれいに洗い、たっぷりの水につけて一晩置く。
  2. 大きめの鍋に1の小豆を入れ、たっぷりに水を加えて、火にかける。煮立ったら、一度水を捨て、またたっぷりの水を加えて、小豆が柔らかくなるまで静かに煮る。(2時間位)
  3. 大きなボールにザルをのせ、2の小豆を汁ごとあげる。へらで小豆をつぶしながらよくかき混ぜ、ザルに残った小豆の皮を取り除く。
  4. 3の小豆汁をさらしでつくった袋に入れ、水分を絞る。それからまた、その袋を水の中に入れ、もみほぐしてから、水分を絞り、さらしあんを作る。(1時間位)
  5. 4のさらしあんを鍋に入れ、砂糖を加え、火にかける。焦がさないように静かに練り上げる。煮立ってくると、はねて手にかかり熱いので注意すること。かたくなりはじめたら塩(50グラム)を入れて、甘さをみる。最後はあんがかたくなり、もちあげると角が立つくらいまで煮詰めること。(3時間位)

料理のポイント

  • もち米は十分蒸すこと。
  • もちをつく時は、最初はもち米が熱いうちにまとまるまでつくが、その後は、餅つき機のふたをとって、さましながら、さめてからも十分つくこと。それでこしがあり、かたくなりにくいあんぴんになる。
  • 途中のふり水は、もちの柔らかさ等をみながら加減すること。

あんぴんの盛りつけ写真

このページに関するお問い合わせ

久慈農業改良普及センター
〒028-0064 岩手県久慈市八日町1-1
電話番号:0194-53-4989 ファクス番号:0194-53-5009
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.