エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県北広域振興局  ›  久慈農業改良普及センター  ›  久慈地方の郷土食  ›  1 とうふ田楽


ここから本文です。

1 とうふ田楽

ID番号 N7425 更新日 平成26年1月17日

市町村:久慈市
氏名・団体名等:はしかみ桂水会(食の匠)

料理の紹介

はしかみ桂水会は、昔からの雑穀の食文化を見直し、その伝承活動を行っています。4月から12月の毎月日曜日“くるま市(年2回5月、11月は水車まつり)”の開催にはふる里の食まつりコーナーで“とうふ田楽”は市の定番メニューになっています。にんにくを利かせた味噌が香ばしい、昔ながらの田楽です。
地域内外の人達にも期待されています。

作り方

材料(100枚分)

  • 豆腐
  • にんにく 大玉2片
  • 味噌 500グラム
  • 酒 90cc

作り方

  1. 少し硬めに作った豆腐を長方形に切り、串に刺す(下の写真を参照)。
  2. にんにくは皮をむいてすりおろし、味噌・酒などを加えて、よく練り上げる。
  3. 1の豆腐を炭火で焼き、両面をよく焼いたら2. のにんにく味噌をつけて焼く。

料理のポイント

昔から焼いた田楽に、大根おろしをつけて食べると消化がよく量も食べられる。

とうふ田楽の写真

このページに関するお問い合わせ

久慈農業改良普及センター
〒028-0064 岩手県久慈市八日町1-1
電話番号:0194-53-4989 ファクス番号:0194-53-5009
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.