エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県北広域振興局  ›  久慈農業改良普及センター  ›  久慈地方の郷土食  ›  9 こんぶかりんとう


ここから本文です。

9 こんぶかりんとう

ID番号 N7422 更新日 平成26年1月17日

市町村:普代村
氏名・団体名等:青葉生活改善グループ(食の匠)

料理の紹介

普代村特産の「すき昆布」を粉末にして練り込んでいます。
薄く伸ばしてカリッと揚げるのがポイントです。

作り方

材料(100グラム入り・11袋分)

  • 小麦粉 900グラム
  • すき昆布粉末 15グラム
  • 牛乳 400cc
  • 砂糖 180グラム
  • 白ごま 30グラム
  • 塩 大さじ1
  • 揚げ油 適量

作り方

  1. すき昆布はガスコンロで遠火で加熱して乾燥させ、手でもんだ後袋に入れて細かくし、スピードカッターで粉砕してふるいにかける。
  2. 小麦粉に砂糖、塩を加えふるいにかける。
  3. 2にすき昆布粉、白ごまを混ぜ牛乳で練る。練ったタネを4等分し、1時間寝かせる。
  4. 寝かせたタネをもう1度よく練り、それをかまぼこ型にする。
  5. かまぼこ型にしたものを薄く切り、製麺機のローラーで薄く伸ばし、長さ21センチ・幅6センチ・厚さ1ミリの板状にする。
  6. 板状にしたものを油で揚げる。油は、はじめ低温(100℃)とし、徐々に150℃まで温度を上げていく。

料理のポイント

  • タネを寝かせることによってコシが強くなり、整形しやすくなる。
  • すき昆布を入れ過ぎると揚げた後の油きれが悪く、製品の色合いがきれいに出来上がらない。
  • 油の温度は、最初から高温で揚げるとかりんとうの表面に凸凹ができるので、低めの温度で揚げる。
  • 揚げている最中は、まんべんなく熱が加わるように、一枚一枚何度も裏返す。

こんぶかりんとうの写真

このページに関するお問い合わせ

久慈農業改良普及センター
〒028-0064 岩手県久慈市八日町1-1
電話番号:0194-53-4989 ファクス番号:0194-53-5009
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.