エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県北広域振興局  ›  久慈農業改良普及センター  ›  久慈地方の郷土食  ›  11 きらずだんつ


ここから本文です。

11 きらずだんつ

ID番号 N7419 更新日 平成26年1月17日

市町村:普代村
氏名・団体名等:上方 テイ(食の匠)

料理の紹介

小麦粉をきらず(おから)の水分でこねてつくるおやつです。昔は、小麦粉に水や湯を加えずに作るものを「だんつ」といいました。
余計な混ぜ物は一切入れず、黒ごまとくるみの風味を生かした、素朴な味わいのとってもヘルシーな一品です。
「おから」が沢山入っているので、冷めても硬くならずおいしくいただけます。

作り方

材料(4人分:8個)

  • きらず(おから) 300グラム
  • 小麦粉 150グラム、
  • 砂糖 大さじ1
  • 塩 小さじ1
  • 黒ごま 大さじ1
  • くるみ 大さじ1

(注)黒ごまとくるみは好みに応じて量を加減する。

作り方

  1. きらず(おから)、小麦粉、砂糖、塩をボールに入れ、全体がしっとりとなじむまでよく混ぜ合わせます。これを半分にして、一方にはきざみクルミを、もう一方には黒ごまを入れて混ぜます。
  2. それぞれ4等分し、扁平な円盤状に整形します。
  3. 2をたっぷりの熱湯で茹で、浮き上がってきたら、ざるにとります。
  4. 熱いままでも、冷めても美味しくいただけます。

料理のポイント

  • きらず(おから)の水分で小麦粉をしめすので、適当な固さにするためには、きらず(おから)の水分の多少によって小麦粉の分量を加減します。
  • 砂糖、塩を入れすぎないようにします。
  • お好みで、黒ごまかくるみのどちらでもよい。
  • きらず(おから)、黒ごま、くるみの素材本来の素朴な味が基本ですが、例えば、油で揚げたり、砂糖味噌を塗って焼いたりと、アレンジしても美味しくいただけます。

きらずだんつの写真

このページに関するお問い合わせ

久慈農業改良普及センター
〒028-0064 岩手県久慈市八日町1-1
電話番号:0194-53-4989 ファクス番号:0194-53-5009
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.