エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県北広域振興局  ›  保健福祉環境部・久慈保健所  ›  環境保全・自然環境  ›  森と川と海の保全及び創造に関する取り組みについて


ここから本文です。

森と川と海の保全及び創造に関する取り組みについて

ID番号 N33957 更新日 平成28年3月4日

久慈地域における森と川と海の保全及び創造に関する取り組み

 県では、「ふるさとの森と川と海の保全及び創造に関する条例」に基づき、ふるさとの森と川と海の保全及び創造を図るための施策を総合的かつ計画的に推進するため、流域ごとにふるさとの森と川と海の保全及び創造に関する基本的な計画(以下「流域基本計画」という。)を定めることとしています。
 久慈地域では、これまで「久慈川流域基本計画」(平成17年3月)、「洋野流域基本計画」(平成18年3月)及び「野田普代流域基本計画」(平成19年3月)が策定されています。

 この度、最初に策定された久慈川流域基本計画の期間が終了したこと、また、各流域の情報を共有しながら久慈地域全体で環境保全活動への取組をさらに推進していくため、久慈市、洋野町、野田村及び普代村の全域を流域範囲とする「久慈地域流域基本計画」を新たに策定しました。

◎新計画の取組~目指すべき流域像~
 新計画では、久慈地域の目指すべき流域像を次のとおりとし、住民、事業者及び行政の連携・協働のもと、各種施策の推進に取り組みます。
・ パートナーシップで環境を保全する流域
・ 森を大切に守り育てる流域
・ 人が親しみ、生き物を育む流域
・ きれいで豊かな水が流れる流域

◎計画の期間
 この計画は、平成28(2016)年度を初年度とし、概ね10年後(2026年)の流域のあるべき姿を念頭においていますが、平成33(2021)年度を中間目標年度とし、未来に引き継ぐ流域の姿を指標として設定し、施策の推進に取り組むこととします。

 

久慈地域流域基本計画(平成28年2月策定)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県北広域振興局保健福祉環境部・久慈保健所  環境衛生課 環境生活チーム
〒028-8042 岩手県久慈市八日町1-1
電話番号:0194-53-4987(内線番号:249) ファクス番号:0194-52-3919
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.