エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県北広域振興局  ›  土木部  ›  道路情報  ›  国道281号 久慈市案内工区 平成29年11月19日(日)午後1時に開通します(平成29年11月10日)


ここから本文です。

国道281号 久慈市案内工区 平成29年11月19日(日)午後1時に開通します(平成29年11月10日)

ID番号 N60173 更新日 平成29年11月10日

開通に先立ち、開通式典を行います!

県が『復興支援道路』として整備を進めてきた、一般国道281号案内工区が、平成29年11月19日(日)に開通する見込みとなりました。

それに先立ち、以下のとおり開通式典を行います。

開通式典

○開催日時:平成29年11月19日(日)10:30~(概ね1時間程度)

○開催場所:久慈山形町案内地内(山形側のトンネル坑口付近)

なお、開通は平成29年11月19日(日)の午後1時を予定しています。

  

位置図

 

今回の開通により円滑で安心・安全な通行が確保され、物流や観光といった産業振興や救急搬送のアクセス性向上等様々な効果が期待されます。

○ 開通により期待される整備効果

効果1 : 安全で信頼性の高い道路ネットワ-クの形成

効果2 : 安心・安全な通行の確保(特に冬期間)

効果3 : 重要港湾久慈港や救急医療施設へのアクセス向上

 

【事業概要】

一般国道281号は、盛岡市から、岩手町、葛巻町を経由し、久慈市に至る広域的な幹線道路であり、内陸部と沿岸北部を結ぶ物流路線や観光ルートとしての産業振興のほか、緊急輸送道路の第1次路線に指定されるなど重要な役割を担っています。

当該箇所は、幅員狭小で急カ-ブが連続する隘路区間となっていることから、本事業により安全で円滑な通行が確保され、緊急輸送道路としての信頼性を高め、幹線道路の機能向上を図るものです。

なお、県では、災害に強く信頼性の高い道路ネットワークの構築等を目的として三陸復興道路整備事業に取組んでおり、一般国道281号を『復興支援道路』として位置づけし重点的に整備を進めています。

・延   長     2,100m

道路幅員   一般部:6.0(9.0)m トンネル部:6.0(7.5)m

・主要構造物   案内トンネル1,150m 新芋谷橋54m

事業期間   平成24年度~平成29年度 

総事業費   約40億円

 

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県北広域振興局土木部 道路整備課 道路整備チーム
〒028-8042 岩手県久慈市八日町1-1
電話番号:0194-53-4990(内線番号:262) ファクス番号:0194-61-1123
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.