エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県北広域振興局  ›  土木部  ›  道路情報  ›  久慈市小袖海岸県道工事 平成29年4月7日正午に全面通行止めを解除しました!(平成29年4月7日)


ここから本文です。

久慈市小袖海岸県道工事 平成29年4月7日正午に全面通行止めを解除しました!(平成29年4月7日)

ID番号 N54430 更新日 平成29年4月7日

一般県道野田長内線小袖~大尻地区の道路改良工事、ロックシェッド改修工事のため、

平成28年11月7日から全面通行止めとしておりましたが、平成29年4月7日正午に全面通行止めを解除いたしました

 

長期間に渡る通行規制にご理解とご協力をいただきありがとうございました。

 

 

 

今回の工事(道路改良工事)について一部ご紹介します!

Before
(着工前)

着工前におきましても、美しい太平洋を一望でき、非常に走り心地の良い道路でしたが、

一部区間では、道路が狭く、見通しも悪いため、対向車が来た場合などは、すれ違いが困難となっていました。

 このような点を改善するために道路改良工事に取り組んできました。

 

 道路拡幅のため、以下のような施工を行ってきました。

 

施工状況1
(施工状況)

道路を拡幅するためには、写真のように、現況道路を一度深く掘り下げ、擁壁を新たに作る必要がありました。

奥に見えるのが元々の道路になります。かなり深く掘り下げていることが分かります。

このような作業をするために、全面通行止めにご協力をいただいておりました。

 写真左側に写っているのが今回の工事で作った擁壁です。

この擁壁は、現場打ち擁壁といい、現場で型枠を組んで、コンクリートを流し込んで、養生をして作っていきます。

 

 

 

施工状況2
(施工状況)

実際に現場で擁壁を作っている様子です。

型枠へコンクリートを流し込んでいるところです。

高さがある擁壁なので、3回に分けてコンクリートを流し込み、その大きさまで作り上げます。

 

擁壁ができたら、掘り下げていた内側を埋め戻し、舗装をして防護柵を設置すれば通行可能となります。

 

After
(完成後)

完成後の同じ箇所です。

道路幅が拡がり、対向車とのすれ違いも容易になりました。

美しい太平洋の眺めも健在です。

 

 

 

本工事におきましては、道路から海岸近くへ下りていくための階段工が残っておりますので、

引き続き、気を引き締めて取り組んでいきます。

(階段工に伴う通行規制はいたしません。)

 

 

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

県北広域振興局土木部 道路整備課 道路整備チーム
〒028-8042 岩手県久慈市八日町1-1
電話番号:0194-53-4990(内線番号:262) ファクス番号:0194-61-1123
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.