エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県北広域振興局  ›  土木部  ›  道路情報  ›  国道281号 久慈市案内工区 道路整備事業に着手します(平成25年11月5日)


ここから本文です。

国道281号 久慈市案内工区 道路整備事業に着手します(平成25年11月5日)

ID番号 N19328 更新日 平成25年11月5日

案内工区 完成イメージ図

案内工区 位置図

一般国道281号 久慈市山形町 案内工区 道路整備事業に着手します!

【一般国道281号 案内(あんない)工区】

事業箇所 久慈市山形町川井 沼袋地区から戸呂町口の間の区間
計画延長 2,100m(現況は約3,100m。整備により約2分間の走行時間短縮)
主な構造物 トンネル1,150m、橋りょう56m
事業期間 平成24年度~平成30年度
総事業費 42億円

一般国道281号は、岩手県盛岡市から岩手県久慈市に至る延長約112kmの幹線道路です。
本路線は、重要港湾久慈港と内陸部を結ぶアクセス道路として位置付けられています。
また、本路線は救急搬送のうち転院を目的とする主な搬送ルートとして利用されており、患者負担を軽減するための医療施設へのアクセス向上が必要とされています。

  • 生活支援:久慈市と山形町の通勤通学支援(通勤通学者約400人)
  • 物流支援:荷崩れ防止や定時制の確保
  • 救急医療:患者負担を軽減

東日本大震災では、被災地の太平洋沿岸に向かうため「くしの歯」作戦が実施されました。
本路線は第2ステップに位置付けられ、救急物資の輸送路として機能しました。

くしの歯作戦ステップ図
くしの歯作戦ステップ図(出典:東北地方整備局)



岩手県東日本大震災津波復興計画では、国道281号を『復興支援道路』と位置付け、災害に強い交通ネットワークの構築を図っていくこととしています。

◆岩手県東日本大震災津波復興計画 復興実施計画(抜粋)

災害に強い交通ネットワークの構築No.9<三陸復興道路整備事業>
事業目的 三陸沿岸地域の復興と安全・安心を確保するため、
災害時等における確実な緊急輸送や代替機能を確保するとともに、
水産業等の復興を支援する災害に強く信頼性の高い道路ネットワークを構築

復興支援道路

内陸部から三陸沿岸各都市にアクセスする道路及び横断軸間を南北に連絡する道路、
インターチェンジにアクセスする道路について、
交通隘路の解消や防災対策、橋梁耐震化等を推進

当該区間は、急カーブが9箇所連続し、円滑な交通の支障となっていました。
また、防災点検では、道路脇の斜面8箇所が要対策と判定され危険な状態であることが判明しています。
近年の災害では、平成23年の台風15号により、当該区間内で土砂崩れが発生しました。
加えて、過去には、死亡事故、重傷事故となった正面衝突事故や転落事故が発生している区間でもあります。

このことから、当該区間の整備することで、走行条件を改善させ、物流輸送の効率化や緊急輸送道路の強化、医療施設への安定搬送を目指すものです。


今後、現在通行中の道路のすぐ近くにおいて、トンネルや橋りょう等の工事が始まります。
現場を通行される皆様方にはご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

工事や事業等に関することで、ご不明な点、ご要望等がございましたら、お気軽に下記の担当までご連絡願います。

  • 担当:岩手県 県北広域振興局 土木部 道路整備課
  • 電話:0194-53-4990(内線262)
  • ファクス:0194-61-1123
  • メール:BK0006@pref.iwate.jp (ビーケーゼロゼロゼロろく)

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

県北広域振興局土木部 道路整備課 道路整備チーム
〒028-8042 岩手県久慈市八日町1-1
電話番号:0194-53-4990(内線番号:262) ファクス番号:0194-61-1123
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.