エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県南広域振興局  ›  遠野土木センター  ›  主な事業の紹介  ›  一般国道340号 立丸峠地区  ›  一般国道340号『立丸峠』工区が全線開通しました!


ここから本文です。

一般国道340号『立丸峠』工区が全線開通しました!

ID番号 N68793 更新日 平成30年12月4日

県が復興支援道路として遠野市土淵町栃内~宮古市小国間で整備を進めている一般国道340号「立丸峠」工区が、平成30年11月29日(木曜日)14時00分に全線開通しました。

完工式典

完工式典

 当日は天候にも恵まれたなか、開通に先立ち11時00分より、関係者約100人出席のもと、完工式を開催しました。

 完工式では、テープカット、くす玉開披、開通記念パレードなどのセレモニーを行いました。セレモニーには、ご当地キャラのカリンちゃん、サーモンくんも参加し会場を盛り上げてくれました。

 その後、14時00分より一般通行を開始し、開通を心待ちにしていた地元の皆様など多くの方々に、新しい道路を走行していただくことができました。

 

式辞

祝辞

挨拶

記念パレード

立丸峠工区の概要

一般国道340号は、陸前高田市を起点とし、青森県八戸市に至る路線で、北上高地を縦断する唯一の幹線道路です。特に遠野地域は、内陸と沿岸を結ぶ交通の要衝であることから、横軸の国道283号と宮古市、旧川井村との交流路線として古くから利用されており、平成23年の東日本大震災の直後には、津波によって寸断された国道45号の代替路として、自衛隊や消防、物資輸送などの救援活動において重要な役割を担いました。

しかしながら、立丸峠区間は未だ幅員が狭く、急カーブが連続するなど交通の難所となっているため、本事業により幅員狭小区間、線形不良区間の解消を図るとともに、速達性を確保し、緊急輸送道路としての機能を強化するものです。

(1)延長・・・5.21km(大峠工区3.26m、新田工区0.25km、小峠工区1.70km)

(2)幅員・・・一般部6.0(9.0)m、トンネル部6.0(7.5)m

(3)事業期間・・・平成24年度~平成30年度

(4)全体事業費・・・約97億円

(5)主要構造物・・・立丸第一トンネル1,839m(大峠工区)、立丸第二トンネル920m(小峠工区)

(6)整備効果・・・●遠野市~宮古市間で約4kmの距離短縮、約6分の時間短縮

                         ● トンネル整備による冬期間の交通環境改善等

                        ●急カーブ、急勾配、狭隘(最小幅員3.3m)等交通の難所である峠道の解消による安全で円滑な交通の確保

(注) 道路は良くなりましたが、スピードを出し過ぎないよう皆さん注意してください。

             

このページに関するお問い合わせ

県南広域振興局土木部遠野土木センター 工務課 道路整備チーム
〒028-0525 岩手県遠野市六日町1-22
電話番号:0198-62-9938(内線番号:281) ファクス番号:0198-63-1088
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefectural Government All Rights Reserved.