エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県南広域振興局  ›  林務部  ›  県南広域木質バイオマス利用拡大ビジョンの策定について


ここから本文です。

県南広域木質バイオマス利用拡大ビジョンの策定について

ID番号 N10464 更新日 平成26年1月17日

県南広域振興局では、再生可能エネルギーの活用促進及びCO2排出削減を図ることを目的として、平成24年3月に県南広域木質バイオマス利用拡大ビジョンを策定しました。
ビジョンの概要については下記のとおりとなっておりますが、詳しくは別添データのビジョンを御覧ください。

ビジョンの趣旨及び構成

県南広域における現在の森林資源量をベースに、将来にわたり安定供給が可能な木質バイオマスの供給可能量を検証するとともに、家庭向け・事業所向け別に石油燃料と木質燃料のコスト差について一定の条件を定めて比較検討し、将来的な木質バイオマスの生産・利用のあるべき姿とその実現に向け取り組むべき方策について提案するもの。(期間を設定した計画ではない。)

第1章 これまでの課題分析、今後のトレンド予測を通じ、今後の取組み方向を提案
第2章 県南広域における安定供給可能な木質バイオマスの供給可能量を検証
第3章 石油燃料と木質燃料のコスト差について一定の条件を定めて比較検討
第4章 将来的な木質バイオマスの生産・利用のあるべき姿及び基本目標を提案
第5章 基本目標実現に向け取り組むべき方策を提案

ビジョンの基本目標

家庭向け

中・長期的に、灯油ストーブから木質バイオマスストーブへの転換を進めるとともに、地球温暖化防止への貢献が目に見えるオフセット・クレジット(J-VER)制度登録の促進、薪集荷販売拠点増加の取組みを進めることにより、年間CO2排出削減量1,103.2トンを達成

事業所向け

中・長期的に、事業所向けA重油使用量の5%(熱量比)について木質バイオマスに置換することにより、年間CO2排出削減量1万4千234トンを達成

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県南広域振興局林務部 林業振興課 普及指導チーム
〒023-0053 岩手県奥州市水沢区大手町1-2
電話番号:0197-22-2871(内線番号:324) ファクス番号:0197-22-6194
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.