エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県南広域振興局  ›  北上農村整備センター  ›  豊沢ダム管理所  ›  豊沢ダム


ここから本文です。

豊沢ダム

ID番号 N10723 更新日 平成28年6月27日

豊沢川地区は、奥羽山地と北上川の間にあり、奥羽山地から流出する諸河川が形成する扇状地上の水田地帯です。
古来より水不足で干ばつ時には、騒動が、絶えませんでした。
そこで大正時代より大規模な溜池の構想が、持ち上がりダム建設運動が開始されました。その運動の中心となったのが平賀千代吉氏でありました。
事業は、昭和16年より岩手県の「岩手県営稗和西部用水改良事業」として開始されたが太平洋戦争の勃発により工事は、中断されました。
その後、昭和24年から農林省の「国営豊沢川農業水利事業」として再開され数々の困難経て昭和36年に豊沢ダムは、完成しました。

昭和24年7月 豊沢川農業水利事業認可
昭和24年10月 起工式
昭和29年 施工業者 鹿島建設に決定
昭和30年 堰堤定礎式
昭和35年12月 仮貯水式
昭和36年5月 竣工式
昭和37年7月 管理委託協定締結 岩手県管理となる。

豊沢ダムの写真

ダム1
写真提供:豊沢川土地改良区

このページに関するお問い合わせ

県南広域振興局農政部北上農村整備センター 農村計画課
〒024-0095 岩手県北上市芳町2-8
電話番号:0197-65-5650(内線番号:210) ファクス番号:0197-63-8627
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.