エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県南広域振興局  ›  一関保健福祉環境センター・一関保健所  ›  いわいの森と川の保全・創造のために  ›  森川海に関するお知らせ


ここから本文です。

森川海に関するお知らせ

ID番号 N10564 更新日 平成28年3月24日

森川海に関するお知らせ

平成28年度地球環境基金助成金募集のごあんない(終了しました)

独立行政法人環境再生保全機構が平成28年度地球環境基金助成金の募集を行っています。

募集期間

 平成27年12月18日(金)~平成28年1月13日(水)必着

助成対象

(1)特定非営利活動法人

(2)一般・公益社団法人、一般・公益財団法人

(3)任意団体(ただし、所定の条件を満たす団体)

助成金額

50万円~1,200万円(1年間)

詳しくは下記URLの独立行政法人環境再生保全機構のホームページをご覧ください(少し遠いですが12月1日に秋田市で助成金の説明会もあるようです)。

平成27年度地域のお宝発見・発掘事業の企画追加決定について

追加募集していたところ、以下の応募があり審査の結果、採用となりましたのでお知らせします。

 

NPO法人北上川サポート協会

外来植物学習会 ~アレチウリについて学ぼう!~

身近な外来種を地域で学ぶことにより、地域に昔からある植物を守ることに繋げるとともに、より地域の現状を知るため、アレチウリの繁茂状況を調査船「ゆはず」などから観察する。また、講師を招いて現状と対策、駆除に至る体験談を聞く。
事業実施予定:10月23日(金)
 

平成27年度地域のお宝発見・発掘事業の企画決定について

6月1日までに応募のあった企画について、審査の結果次のとおり決定しました。

NPO法人里山自然学校はずみの里

身近に流れる金流川の清掃活動を行い、そこに棲む生き物やその水質について調査することにより、金流川流域の自然の大切さを学ばせ、川への愛着心、水質保全に取り組む姿勢を育てる。
(事業実施予定:7月4日)

 

千厩川にサケをよぶ会

近年、自然環境と直にふれ合う子どもが減る中、実際に川に入って巣一斉生物の観察や石磨きを行うことで地域の川を身近に感じてもらうとともに、子ども達にサケ等の魚類の遡上ルートになっている千厩川について理解を深め、環境保全の意識向上を図る。
(事業実施予定:8月1日)

 

平泉メビウスの会

太田川上流流域において、カジカや指標生物の生息調査と併せてパックテストによる水質調査を行い、カジカが減少から増加傾向に転じた経緯を検証し、環境保全の重要性を考えさせる。
(事業実施予定:8月2日)

なお、予算に若干の余裕がありますので、8月20日(木)まで追加募集を行います。応募方法は「平成27年度地域のお宝発見・発掘事業の企画募集」と同様です。

平成27年度地域の環境お宝発掘・発見調査事業の募集について(8月20日まで募集期間延長中!)

本年も次の実施要領に基づき地域の環境お宝発掘・発見調査の企画を募集します。
添付ファイルの募集要項をダウンロードし、ふるってご応募ください。
 

   地域の環境お宝発掘・発見調査実施要領

 
1 事業の目的
平成17年度に策定した「いわい」地域の流域基本計画(磐井川流域プラン、太田川流域プラン、金流川流域プラン、東磐井の里・健全な水循環をめざす流域基本計画)に基づき、住民・NPO・行政等が協働連携し、活動を支えていく人材の育成と確保を目指し、水質・生き物調査などの環境学習や森への植樹や下草刈り等を通じて次世代を担う子供たちの環境意識を高めると共に、学校や企業等との連携を進めながら活動企画実行ができるような住民及び団体を育成することを目的とする。
  なお、この事業は県南広域振興局の「県南地域環境保全協働連携推進事業」(地域振興推進費)の一環として行うものである。
 
2 業務の実施方法
  県南広域振興局一関地区(一関市及び平泉町。以下「一関地区」という。)に居住する小中学生、親子などの参加者(約10人程度以上)を募り、川の水質や生き物調査、自然観察会、森林・林業教室等の環境教育を実践するプログラムを、NPOなどの団体に企画及び運営を委託して実施する。
委託期間は原則として次のとおりとするが、期間内実施が困難な場合は変更する場合がある。
 
委託期間   平成27年6月1日(水)~平成27年10月31日(土)
 
3 企画の募集
  実践プログラムを別添の「地域の環境お宝・発掘発見調査企画等業務募集要項」により募集する。
 募集はきらめく水環境を保全・創造する協議会、東磐井の里・健全な水循環をめざす協議会構成団体を対象とするほか、ホームページ「いわいの森と川の保全・創造のために」などにより広く住民にも周知する。
なお、事業委託金額が予算額に達した場合は募集を締め切る場合がある。また、予算額に達しない場合は募集期間を延長する場合がある。
 
募集期間   平成27年4月27日(月)~6月1日(月)   ※昨年度より募集時期が早まっていますのでご注意ください
 
4 企画提案書の審査及び受託者の決定
企画提案書の審査及び受託者は、県南広域振興局一関地区 森川海流域基本計画推進連絡会議構成員による審査会に諮り、保健福祉環境部一関保健福祉環境センターにおいて決定する。
受託者の決定後、県南広域振興局長との間で業務委託契約を締結する。
 
5 業務委託の内容
(1)     募集企画数
  予算の範囲内で3企画程度を募集する。ただし、1団体1企画とする。また、応募多数の場合あるいは企画応募額の計が総額に満たない場合は、1企画運営あたりの限度額や募集企画数を調整する場合がある。
(2)     委託額
   1企画運営当たり限度額     110,000円以下(税込み委託料)
   総額                 344,000円
(3)     実施結果報告
実施団体は、実施した結果等について、参加した小中学生等の感想や提言などを取りまとめ、調査の様子の写真や参加者名簿を添えて文書で報告し、また、併せて、11月以降に開催する交流会において、実施結果を発表するものとする。

「環境アドバイザー」及び「地球温暖化防止活動推進員」の派遣制度について

岩手県では、環境問題に関する研修会等を開催する場合に環境アドバイザーや地球温暖化防止活動推進員を講師として派遣しています。
詳細は、添付のリンクよりご覧ください。

日本水大賞・日本ストックホルム青少年水大賞、きれいな川と暮らそう基金 募集のお知らせ(終了しました)

公益社団法人日本河川協会から、下記のとおりお知らせがありました。詳しくは、それぞれのホームページをご覧ください。

1 日本水大賞・日本ストックホルム青少年水大賞

 水循環系の健全化に寄与すると考えられる活動が対象
 グランプリは副賞200万円
 ○日本水大賞
   http://www.japanriver.or.jp/taisyo/
 ○日本ストックホルム青少年水大賞
   http://www.japanriver.or.jp/sjwp/

2 きれいな川と暮らそう基金
 川や水辺で活動を行っている学校や市民団体に活動資金を助成するもの
 最大50万円

 http://www.japanriver.or.jp/kireinakawa/

地域の環境お宝発掘・発見調査企画提案書の追加募集について(終了しました)

6月30日(月)で募集を締め切っておりましたが、まだ、事業予算に余裕がありますので、以下のとおり、企画提案の追加募集をします。

 ■ 追加募集期間 9月30日(火)まで

 ■ 募集要項    変更ありません(下の「地域の環境お宝発掘・発見調査事業の募集について」をご覧ください)

 ■ 注意事項    事業は募集要項のとおり、10月31日(金)までに終了する必要があります。

「平成26年度版環境白書を読む会」開催のお知らせ(終了しました)

環境省では、全国8か所(東北地方は岩手県盛岡市)で「平成26年版環境白書を読む会」を開催いたします。この会では、白書の内容を広く国民に普及し、環境保全・循環型社会形成及び生物多様性の保全に関する意識の啓発を図ることを目的に、今年の白書について、テーマやねらいなどを編集担当者が直接解説します(入場は無料です)。

1 主催 環境省

2 日時 平成26年7月18日(金)14:00~16:00

3 場所 いわて県民会館 4階第2会議室(盛岡市内丸13-1

4 定員 50名 (事前申込みが必要)

5 申込み先 東北地方環境事務所 ファクス022-724-4311 / REO-TOHOKU@env.go.jp

申込書の様式など詳細は下記URLから環境省のホームページをご覧ください。

 

平成26年度地域の環境お宝発掘・発見調査事業の企画決定について(終了しました)

5月19日(月)から6月30日(月)までの期間で応募のあったきかくについて 審査の結果次のとおり決定しました。

1 吸川をきれいにする会  2014吸川探検隊

  生活排水や工場排水が流入する「一ノ関駅新幹線ホーム東側沿いを流れる吸川」を中学生と地域住民が合同で観察することにより、環境意識を高める。(9月20日(土)実施予定)

 

2 平泉メビウスの会   太田川カジカ調査

  太田川上流には河鹿が生息しており、一時絶滅が危惧されたが、近年、増加傾向に転じた。カジカや指標生物の生息状況を調査し、合わせて水質調査を実施し、その経緯を検証すると共に環境保全の重要性を考える(8月3日(日)実施予定)。

 

3 NPO法人里山自然学校はずみの里   金流川水質調査

  身近な金流川に棲む生き物やその水質を知ることにより、金流川流域の自然の大切さを学ぶ(7月29日(火)実施予定)。

  

 

平成26年度地域の環境お宝発掘・発見調査事業の募集について(終了しました)

本年も次の実施要領に基づき地域の環境お宝発掘・発見調査の企画を募集します。
添付ファイルの募集要項をダウンロードし、ふるってご応募ください。
 
地域の環境お宝発掘・発見調査実施要領
 
1 事業の目的
平成17年度に策定した「いわい」地域の流域基本計画(磐井川流域プラン、太田川流域プラン、金流川流域プラン、東磐井の里・健全な水循環をめざす流域基本計画)に基づき、住民・NPO・行政等が協働連携し、活動を支えていく人材の育成と確保を目指し、水質・生き物調査などの環境学習や森への植樹や下草刈り等を通じて次世代を担う子供たちの環境意識を高めると共に、学校や企業等との連携を進めながら活動企画実行ができるような住民及び団体を育成することを目的とする。
  なお、この事業は県南広域振興局の「地域でつながる環境活動の支援」事業(地域振興推進費)の一環として行うものである。
 
2 業務の実施方法
県南広域振興局一関地区(一関市及び平泉町を対象とし、以下、「一関地区」という。)に居住する小中学生、親子などの参加者(約10人程度以上)を募り、川の水質や生き物調査、自然観察会、森林・林業教室等の環境教育を実践するプログラムを、NPOなどの団体に企画及び運営を委託して実施する。
委託期間は原則として次のとおりとするが、期間内実施が困難な場合は変更する場合がある。
委託期間   平成26年7月1日(火)~平成26年10月31日(金)
 
3 企画の募集
実践プログラムを別添の「地域の環境お宝・発掘発見調査企画等業務募集要項」により募集する。
募集はきらめく水環境を保全・創造する協議会、東磐井の里・健全な水循環をめざす協議会構成団体を対象とするほか、ホームページ「いわいの森と川の保全・創造のために」などにより広く住民にも周知する。
なお、事業委託金額が予算額に達した場合は募集を締め切る場合がある。また、予算額に達しない場合は募集期間を延長する場合がある。
募集期間   平成26年5月19日(月)~6月30日(月)
 
4 企画提案書の審査及び受託者の決定
企画提案書の審査及び受託者は、県南広域振興局一関地区 森川海流域基本計画推進連絡会議構成員による審査会に諮り、保健福祉環境部一関保健福祉環境センターにおいて決定する。
受託者の決定後、県南広域振興局長との間で業務委託契約を締結する。
 
5 業務委託の内容
(1)     募集企画数
予算の範囲内で3~6企画程度を募集する。ただし、1団体1企画とする。
(2)     委託額
1企画運営当たり     110,000円以下(税込み委託料)
総額           440,000円
(3)     実施結果報告
実施団体は、実施した結果等について、参加した小中学生等の感想や提言などを取りまとめ、調査の様子の写真や参加者名簿を添えて文書で報告し、また、併せて、11月以降に開催する交流会において、実施結果を発表するものとする。

平成26年度「水の日」・「水の週間」上下流交流事業の募集について(終了しました)

国土交通省 水管理・国土保全局水資源部から募集への協力依頼がありました。

1.趣旨

  水循環基本法に基づく「水の日」や「水の週間」の一環として健全な水循環の重要性や水資源の有限性、水の貴重さ、水資源開発の重要性について国民の間に広く理解と関心を深めるためにダム水源地域等の上が流住民の交流を促進する活動を行う団体に助成する

2.事業内容

 (1) 助成対象 趣旨を踏まえて実施される上下流住民の交流に関する活動

 (2) 活動期間 6月~9月

 (3) 助成額  1件10万円以下(飲食代を除く)

4.応募手続き

 5月16日(金)までに申請書(別添募集要項にあります)に必要事項を記入の上、事務局に送付する

 

※詳しくは添付の募集要項をご覧ください

いわい地域の流域連携交流会を開催します(終了しました)

1 趣  旨
  いわい地域の貴重な自然環境、緑豊かな山々と良質で水量豊かな河川など、豊かな環境を健全なまま次の世  代に引き継ぐために、きらめく水環境を保全・創造する協議会及び東磐井の里・健全な水循環をめざす協議会の構成員相互の活動内容、活動の方向などについて意見交換等を行うため、交流会を開催する。
 
2 主  催
  きらめく水環境を保全・創造する協議会
  東磐井の里・健全な水循環をめざす協議会
  県南広域振興局保健福祉環境部一関保健福祉環境センター
 
3 日  時
  平成26年3月13日(木)13:30~16:30
 
4 会  場
  一関地区合同庁舎 大会議室(一関市竹山町7-5  電話 0191-26-1412)
 
5 参加対象
  きらめく水環境を保全・創造する協議会及び東磐井の里・健全な水循環をめざす協議会構成団体等
  ※ 本交流会については、一般の方々からも参加申込(先着30名程度)を受け付けます。
 
6 プログラム(多少時間変更あり)

時  間
内      容
13:30
開 会
13:35~14:35
講演
  「宮沢賢治が愛したイーハトーブの自然」
カタクリの会 代表 瀬川 強
14:40~15:40
(発表各15分)
 
活動報告(平成25年度県南広域振興局委託事業受託団体)
・弓手川結いネットワーク
・平泉メビウスの会
・特定非営利活動法人 里山自然学校はずみの里
・森づくりNPOどんぐり協会
15:45~16:15
調査報告(平成25年度森川海・環境保全活動ネットワーク形成事業委託調査)
 「カワニナ・コモチカワツボ生息調査結果について」
  
16:15~16:30
活動報告・調査報告に対する質疑及び意見交換
16:30
閉 会

 7 参加申込み
  別紙申込書により、ファクス、メールなどで3月5日(水)までに申し込んでください

平成25年度地域のお宝発見・発掘事業の企画決定について(終了しました)

6月21日までに応募のあった企画について、審査の結果次のとおり決定しました。

平泉メビウスの会

太田川上流流域において、カジカや指標生物の生息調査と併せてパックテストによる水質調査を行い、カジカが減少から増加傾向に転じた経緯を検証し、環境保全の重要性を考えさせる。
(事業実施予定:8月上旬)

NPO法人里山自然学校はずみの里

身近に流れる金流川の清掃活動を行い、そこに棲む生き物やその水質について調査することにより、金流川流域の自然の大切さを学ばせ、川への愛着心、水質保全に取り組む姿勢を育てる。
(事業実施予定:7月下旬)

弓手川結いネットワーク

気仙沼市唐桑町にあるNPO法人森は海の恋人を訪ね、カキ養殖いかだの見学や養殖にとって重要な森、川、海の連携について学習する。その一環として、気仙沼湾に注ぐ大川河口から、室根町にある森は海の恋人植樹祭会場(ひこばえの森)までをたどり、森川海の連携を検証する。
(事業実施予定:8月3日)

森づくりNPOどんぐり協会

昨年度末に統合・閉校となった旧曽慶小学校児童がこれまでに植林したクヌギの苗木の育林のため、下草刈り、雑木の伐採などの作業を児童や地域住民とともに実施する。
(事業実施予定:7月6日)

なお、予算に余裕がありますので、8月20日(火曜日)まで追加募集を行います。応募方法は「地域のお宝発見・発掘事業の企画募集」と同様です。

平成25年度地域のお宝発見・発掘事業の企画募集のお知らせ(終了しました)

県南広域振興局保健福祉環境部一関保健福祉環境センターでは、今年度も、いわい地域の流域基本計画に基づく活動を支えていく人材の育成と確保をめざし、次世代を担う子供たちの環境意識を高めるとともに、環境活動を企画・実行できる団体を育成するために「地域の環境お宝・発掘発見調査」を実施します。
ついては、地域のNPO、その他団体の行う環境活動の企画を募集しますので、別添募集要項により、ふるってご応募ください。

企画提案書の応募方法

提出書類(添付ファイル参照のこと)

  1. 企画書の提出について(様式1)
  2. 企画提案書(様式2)
  3. 団体の概要(様式3)(会則等の写し及び構成員名簿を添付すること)

募集期間

平成25年5月7日(火曜日)から6月21日(金曜日)

提出先及びお問い合わせ先

県南広域振興局保健福祉環境部一関保健福祉環境センター 環境衛生課
〒021-8503 岩手県一関市竹山町7-5
電話:0191-26-1412
ファクス:0191-23-0579

第20回コカ・コーラ環境教育賞の募集(終了しました)

このことについてお知らせがありました。

主催

公益財団法人コカ・コーラ教育・環境財団

募集期間

平成25年4月1日(月曜日)から5月31日(金曜日)

募集内容

小中学生対象

 活動表彰部門

大賞50万円×1組
優秀賞10万円×9組

高校生・大学生対象

次世代支援部門

大賞100万円×1組
優秀賞30万円×4組

募集対象

活動表彰部門

小中学生・及び指導者

次世代支援部門

高校生・大学生

(注)詳しくは添付ファイルをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県南広域振興局保健福祉環境部一関保健福祉環境センター・一関保健所 環境衛生課 環境チーム
〒021-8503 岩手県一関市竹山町7-5
電話番号:0191-26-1412(内線番号:248) ファクス番号:0191-23-0579
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.