エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県南広域振興局  ›  一関保健福祉環境センター・一関保健所  ›  福祉情報  ›  ひきこもり当事者・家族の集まりのご案内


ここから本文です。

ひきこもり当事者・家族の集まりのご案内

ID番号 N14754 更新日 平成29年4月26日

ひきこもり当事者や家族の交流の場(フリースペースひだまり)を開設しています。

 人と接することを避けてしまう、家の外に出ることができない、人間関係のつまづき、将来への不安で悩んでいる方等、この集まりでお茶をしたり、ゆるやかな活動を通して、少しずつ人と関わりあうことに向き合ってみませんか?

 今の生活から一歩踏み出したいと思っている方、その家族の方の参加をお待ちしています。

対象

 さまざまな要因から、概ね6ヶ月以上自宅に閉じこもりがちで、社会参加が少なくなっている状態のご本人(10代後半以上概ね40代まで)及びその家族

内容

 ゲーム、読書、お茶会、懇談など

 (注) 活動内容は、参加される皆さんの意見を取り入れて決めています。

日程

 原則毎月第1・第3月曜日(祝祭日はお休み)

 平成29年  4月17日    5月1日    5月15日    6月5日     6月19日     7月3日    

                    8月7日     8月21日    9月4日    10月2日   10月16日  11月6日

                    11月20日  12月4日  12月18日  

 平成30年    1月15日    2月5日     2月19日  3月5日    

場所

 一関市勤労青少年ホーム

参加費

 無料
 (ただし、活動に必要な物品を人数分用意するための経費及び茶菓代は実費負担していただく場合があります。)

申し込み

 初めて参加される方は、開催日の1週間前までに電話で連絡をお願いします。

ひきこもりとは?

 「ひきこもり」は病気の名前ではありません。
 さまざまな要因から概ね6ヶ月以上、自宅にひきこもりがちで社会参加することが少なくなっている状態のことを言います。
 ひきこもる背景には、こころの病気や障がい、人間関係の中での挫折や傷つきなど、いろいろな要因があります(なかなか分かりにくいものです)。
 ひきこもりの解決には、時間がかかることもめずらしくありません。本人も家族も頑張っているのになかなか状況が変わらないこともあります。

 (注) 詳細については、下記までお問い合わせください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県南広域振興局保健福祉環境部一関保健福祉環境センター・一関保健所 保健課 精神保健・難病担当
〒021-8503 岩手県一関市竹山町7-5
電話番号:0191-26-1415(内線番号:237、240) ファクス番号:0191-26-3565
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.