エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県南広域振興局  ›  保健福祉環境部・奥州保健所  ›  環境衛生・自然保護関係情報  ›  ツキノワグマの出没に関する注意報の発表について


ここから本文です。

ツキノワグマの出没に関する注意報の発表について

ID番号 N46729 更新日 平成29年6月27日

ツキノワグマの出没に関する注意報の発表について

 岩手県では、クマに対する注意を喚起し被害の未然防止を図るため、岩手県全域に「ツキノワグマの出没に関する注意報」を平成29年6月21日に発表しました。

 岩手県内での今年度の5月の出没件数(341件)は、過去にツキノワグマ(以下「クマ」)の大量出没年となった平成28年度(449件)、平成26年度(383件)に次いで多く、人身被害も9件(9名)発生しています(平成29年6月21日現在)。

 今年度は大量出没が予測されている年ではありませんが、近年のクマの出没傾向をみるとクマの出没は5月~8月にかけて多いことから、今後も山林内はもとより、人里周辺においても出没が多く見込まれ、人身被害の増加が危惧されます。

 このため、県民の皆さまに、より一層の注意喚起を行い、被害防止対策について周知する必要があることから、県において、県内全域に「ツキノワグマの出没に関する注意報」を発表したものです。

 山林内(クマの生息域)における対策
•クマ鈴や、笛、ラジオなど、音の出るものを携帯する。
•複数人で行動し、見通しの悪い場所や沢沿いでは掛け声や音を出し、自分の存在をクマに知らせる。
•クマの目撃情報や新しいクマの痕跡(糞や爪痕)のある場所は避ける。
•クマ撃退スプレーを携帯し、万一の遭遇に備える。

人里における対策
•誘引物となる廃棄果樹や廃棄農作物等の管理を適切に行う。
•庭先果樹や家庭菜園についても、利用しない場合の早期摘果を行う。
•屋外やクマが侵入できる納屋に果物、穀物、ペットフード等を保管しない。
 

関連リンク

ツキノワグマによる人身被害状況・出没状況について

ツキノワグマ被害防止各種リーフレット

このページに関するお問い合わせ

県南広域振興局保健福祉環境部・奥州保健所 環境衛生課 環境推進チーム
〒023-0053 岩手県奥州市水沢区大手町5-5
電話番号:0197-48-2422(内線番号:515) ファクス番号:0197-25-4106
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.