エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県南広域振興局  ›  花巻土木センター  ›  道路情報  ›  道路施設損傷の復旧手続き


ここから本文です。

道路施設損傷の復旧手続き

ID番号 N20405 更新日 平成26年2月19日

交通事故等で道路施設(ガードレール・標識等)を壊したり汚した場合、損傷(汚損)した当事者の方に復旧していただくことになります。

1.土木センター職員が現地の損傷(汚損)状況を確認

道路施設を損傷(汚損)した場合は、どのような施設がどのような損傷(汚損)を受けたのかを担当職員が現地調査します。損傷状況を正しく把握するためにも、速やかなご連絡をお願いします。

なお、道路パトロール等により事前に確認している場合もあります。

2.土木センターから当事者へ道路施設損傷(汚損)確認書を発送

損傷(汚損)状況の確認が終了した後、当事者の方に損傷(汚損)状況を確認していただくため、道路施設損傷(汚損)確認書を送ります。

3.道路施設損傷(汚損)確認書の内容に必要事項を記入し土木センターへ返送

道路施設損傷(汚損)確認書とは「確かに私が損傷(汚損)しました」という確認のためのものです。その際に保険等を使用して復旧工事をする場合は、保険会社等の名称、担当者名、連絡先を忘れずに記入してください。

4.土木センターから当事者(もしくは保険会社等)へ工事施工命令書を発送

工事施工命令書とは「元通りに復旧してください」という書類です。当事者(もしくは保険会社等)の方は、この工事施工命令書のとおり道路施設を復旧することになります。

5.当事者は工事施工命令書のとおり現地を復旧

土木センターでは原則として復旧工事はいたしません。復旧工事は当事者(もしくは保険会社等)が責任をもって行ってください。復旧工事を建設業者等の第三者へ依頼する場合も、手配はご自身で行ってください。

ただし、安全な通行に支障があると土木センターが判断した場合(オイル漏れや破片の散乱等で清掃を要するもの、破損部材を取り外したり仮設材を設置しないと二次被害が予見されるもの等)は、土木センターで手配する者が復旧工事の一部又は全部を先行して行う場合があります。その場合、当事者(もしくは保険会社等)には実費を負担していただきます。

6.復旧の完了確認

復旧工事が完了しましたら、完成写真を撮影し、土木センターへ提出してください。職員が復旧状況を確認することにより手続きは完了します。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県南広域振興局土木部花巻土木センター 道路整備課 道路環境チーム
〒025-0075 岩手県花巻市花城町1-41
電話番号:0198-22-4971(内線番号:275) ファクス番号:0198-22-5929
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.