エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  >県土づくり ›  住まい・建築  ›  住まいの安心  ›  サービス付き高齢者向け住宅


ここから本文です。

サービス付き高齢者向け住宅

ID番号 N5283

高齢者の居住の安定確保に関する法律(高齢者住まい法)の規定により「サービス付き高齢者向け住宅」を登録しています。
(平成23年10月20日開始)

サービス付き高齢者向け住宅事業登録制度は、従来の高齢者円滑入居賃貸住宅(高円賃)、高齢者専用賃貸住宅(高専賃)及び高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)の登録制度を統廃合し、規模・設備やサービス提供などの一定の基準を満たした賃貸住宅等を都道府県が登録するもので、入居を希望する高齢者等に広く情報の提供を行うものです。

サービス付き高齢者向け住宅の登録基準

(有料老人ホームについても基準を満たす場合は登録可能)

入居者

  • 単身高齢者
  • 高齢者及び同居者(高齢者夫婦世帯等)

(注)制度上の「高齢者」とは60歳以上の者又は要介護・要支援認定を受けている者

規模・設備

  • 各専用部分の床面積は、原則として25平方メートル以上
    (ただし、居間、食堂、台所その他の住宅の部分が高齢者が共同して利用するため十分な面積を有する場合は18平方メートル以上)
  • 各専用部分に、台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室を備えること
    (ただし、共用部分に共同して利用するため適切な台所、収納設備又は浴室を備えることにより、各戸に備える場合と同等以上の居住か環境が確保される場合は、各戸に台所、収納設備又は浴室を備えなくてもよい)
  • バリアフリー構造であること。
    (段差のない床、手すりの設置、廊下幅の確保)

サービス

  • 少なくとも状況把握(安否確認)サービス及び生活相談サービスを提供すること。
    (社会福祉法人・医療法人・指定居宅サービス事業所等の職員、医師、看護師、介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、ホームヘルパー(1級又は2級)が少なくとも日中は常駐し、常駐しない時間帯は緊急通報システムにより対応すること)

契約関連

  • 書面による契約であること
  • 居住部分が明示された契約であること
  • 権利金その他の金銭を受領しない契約であること(敷金、家賃・サービス費及び家賃・サービス費の前払金のみ徴収可)
  • 入居者の入院又は心身の状況の変化を理由として、入居者の同意を得ずに居住部分の変更や契約解除を行わないこと
  • サービス付き高齢者向け住宅の工事完了前に、敷金及び家賃等の前払金を受領しないこと

登録窓口

広域振興局土木部又は土木部土木センター
(岩手土木センター及び千厩土木センターを除く。)

(盛岡市、宮古市、花巻市、一関市、釜石市、奥州市及び西和賀町のものについては、各市役所・町役場)

申請書等については、添付のファイルをご覧ください。

  • 新規申請の場合
    (注)チェックリスト等を作成・添付のうえ申請願います。
    (契約書参考書式)
  • 登録事項等の変更・廃止の場合

なお、申請には登録用サイトをご利用願います。
詳細は添付のファイル(サービス付き高齢者向け住宅情報提供システム)をご覧ください。

情報提供の方法

ウェブサイト(サービス付き高齢者向け住宅情報提供システム)を参照ください。

○「サービス付き高齢者向け住宅整備事業」に係る市町村意見聴取の実施方法について

添付ファイル

関連リンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

019-629-5933



Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.