エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  >県土づくり ›  河川・砂防  ›  砂防(土砂災害)  ›  いわての砂防事業  ›  砂防事業


ここから本文です。

砂防事業

ID番号 N8536 更新日 平成29年6月23日

岩手県における砂防事業は、昭和7年から荒廃の著しい雫石川・猿ヶ石川・和賀川の各河川上流部に県の直営工事として施行したのが最初です。

以来、県内各河川に堰堤工、山腹工あるいは河道工を実施しておりましたが、昭和22、23年本県を襲ったカスリン・アイオン両台風による大災害により、県民に砂防工事の重要性が認識され、24年度に砂防課が新設されました。

その後、砂防課は、昭和30年度に一度廃止されましたが、37年度に再設置されるとともに、事業量も急速に増加し、施行地区も県下全域にわたり、本格的に砂防事業が行われるようになりました。
平成16年度から砂防災害課として砂防事業を実施しています。

土石流により人家2戸全壊した様子の写真

砂防堰堤の写真

このページに関するお問い合わせ

県土整備部 砂防災害課 土砂災害対策担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5923 ファクス番号:019-629-9140
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.