エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  >県土づくり ›  河川・砂防  ›  河川  ›  多自然川づくり  ›  多自然川づくり 元町川


ここから本文です。

多自然川づくり 元町川

ID番号 N8320 更新日 平成26年1月17日

ふるさとの川づくり  人と自然の調和をめざして

元町川(岩手郡葛巻町)は、流域面積20.2平方キロメートル、流路延長6.4キロメートル、河川勾配50分の1から15分の1の一級河川です。

平成18年10月6日から8日にかけて、発達した低気圧の影響により県北部は豪雨にみまわれました。近傍の雨量観測所で観測史上最大の雨量を記録、降り始めからの累計雨量は葛巻町の年平均降水量のおよそ40%に相当する346ミリに達し、床上・床下浸水や町道決壊等の甚大な被害を受けました。このことから同年より河川改修に着手し、3年間という短期間で大規模な改修が行われました。改修にあたっては、計画段階から地元住民と懇談会を開催し、地元の意見を取り入れながら計画を立案しました。また、国土交通省の専門家から"多自然川づくり"に関するアドバイスを受けながら、自然との共生、周辺景観との調和を目指して改修を実施しました。

基本方針

  1. 元町川周辺の土地利用、農村景観、水車のある里山の原風景などと調和した川づくりを行う。
  2. 人工的な川とならないよう、河道法線は直線的にせずに改修前の蛇行した形状を保つ。
  3. 水生生物の生息・繁殖環境に配慮し、瀬・淵を創出する。水際の植生を回復させる。
  4. 河畔林の伐採等、自然環境の改変を最小限に抑え、河岸植生、河川景観、憩いの場を保全する。
  5. 水車小屋周辺の護岸には自然石を使用するなど、景観との調和を図る。
  6. 川と地域とのかかわりを踏まえ、近づきやすく、利用しやすい川となるように水辺へのアクセス性に配慮する。

地図

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県土整備部 河川課 河川担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5903 ファクス番号:019-629-5909
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.