エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  >県土づくり ›  河川・砂防  ›  河川  ›  復旧・復興  ›  岩手県沿岸における津波浸水シミュレーション等の公表について


ここから本文です。

岩手県沿岸における津波浸水シミュレーション等の公表について

ID番号 N8327 更新日 平成28年3月10日

岩手県では、津波対策を検討するにあたり、「岩手県津波防災技術専門委員会」を設置し、津波対策の方向性、津波対策施設の整備目標、防災型の都市・地域づくりについて検討を進めるとともに、市町村との意見交換や国との協議を進めてきたところです。


岩手県沿岸における海岸堤防高さの設定については、平成23年9月26日及び10月20日に公表したところですが、津波浸水シミュレーションについては、市町村のまちづくり計画策定への影響を考慮し県としての公表を控えてきたところです。

その後、市町村の復興計画の策定に目途が立ったことから、海岸堤防等の計画や市町村のまちづくりの参考とするために実施した、海岸堤防等の復旧・整備が完了した後に最大クラスの津波が来襲した場合の主な地区における津波浸水シミュレーションについて、平成23年12月16日に公表しました。
今般、さらに、沿岸各市町村のまちづくり等がすべて着手されていることから、あらためて市町村の意向を確認し、平成23年度に実施した全地区の津波浸水シミュレーションについて、公表するものです。
なお、津波浸水シミュレーションは、市町村が現在進めているまちづくり計画とは異なった条件で実施している地区もありますので、計算条件にご留意願います。


また、「津波防災地域づくりに関する法律」に規定されている、津波警戒避難体制等の基本となる「津波浸水想定」は県が設定及び公表することとされていますが、岩手県では、国が示した指針に基づき現在検討しているところです。

公表日

平成23年12月16日、平成28年3月10日

公表する地区

  • 洋野町:平内地区
  • 久慈市:久慈港地区及び久慈湊地区
  • 野田村:野田地区
  • 普代村:宇留部地区及び太田名部地区
  • 田野畑村:嶋之越地区
  • 岩泉町:小本地区
  • 宮古市:摂待地区、田老地区、宮古港地区広域、宮古港地区
  • 山田町:船越地区、山田地区
  • 大槌町:大槌地区
  • 釜石市:片岸地区、釜石港地区
  • 大船渡市:越喜来地区、大船渡港地区広域、大船渡港地区
  • 陸前高田市:高田地区広域、高田地区

 

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県土整備部 河川課 河川担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5903 ファクス番号:019-629-5909
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.