エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  >県土づくり ›  河川・砂防  ›  河川  ›  河川の整備状況  ›  河川の整備(滝名川)


ここから本文です。

河川の整備(滝名川)

ID番号 N8312 更新日 平成26年1月17日

総合流域防災事業 滝名川

事業概要

滝名川は、奥羽山脈に源を発し、紫波郡紫波町の市街地を東流し、下流域で黒沢川と合流して国道4号を横断後北上川に合流する、流域面積平方79.2キロメートル、流路延長25.1キロメートルの一級河川である。

流域には、県内でも有数の水田地帯が広がっており、上流部の東北自動車道横断付近や下流部の国道4号横断付近を中心に集落が位置している。

このような状況のもと、滝名川は断面が狭小で治水安全度が低いため、大雨の際は洪水氾濫の恐れが高く、特に、昭和42年4月の豪雨では農地や宅地29ヘクタールの浸水被害を受けている。支川の黒沢川については、完成しているものの、滝名川本川においては未改修の箇所がることから、河積断面の拡大を図り、沿川の浸水被害を軽減に努めている。

事業期間

昭和44年から平成31年まで

全体延長

L=11,000メートル

総事業費

5,657百万円

改修範囲図

河川の写真

このページに関するお問い合わせ

県土整備部 河川課 河川担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5903 ファクス番号:019-629-5909
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.