エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  環境  ›  環境政策  ›  循環型社会・リサイクル  ›  平成29年度「環境衛生週間」の実施について


ここから本文です。

平成29年度「環境衛生週間」の実施について

ID番号 N57943 更新日 平成29年8月23日

9月24日から10月1日までは「環境衛生週間」です

環境衛生週間とは

9月24日の清掃の日から、10月1日の浄化槽の日までを結ぶ期間は「環境衛生週間」です。
例年この時期は、秋季清掃活動など地域の環境美化活動が積極的に行われています。
環境美化活動により、ごみの散乱を防止し、快適な住環境の保持に地域と協力して努めましょう。
また、限りある資源を大切にするため、リデュース(ごみの排出抑制)・リユース(再使用)・リサイクル(再生利用)の3R(スリーアール)に取り組みましょう。

期間

平成29年9月24日(日曜日)から10月1日(日曜日)まで

主唱

環境省、都道府県及び市町村

目標

  1. ごみの排出抑制、リユース、リサイクル等の推進
  2. 清掃の徹底・清潔の保持とごみの散乱防止に対する住民意識の啓発
  3. 住民の理解と協力による市町村の廃棄物処理事業の推進
  4. 産業廃棄物の減量化と不法投棄等の防止等適正処理の推進
  5. 浄化槽の適正な管理の推進及び合併処理浄化槽の普及促進

3R(スリーアール) に取り組みましょう

ごみの減量化やリサイクルを推進するうえで、キーワードとなるのが3R(スリーアール)です。
スリーアールとは、英語のリデュース(ごみの減量化)、リユース(再使用)、リサイクル(再生利用)の3つの単語の頭文字であるRをとった言葉です。
スリーアールには、優先順位があり、一番大切なのはリデュースです。
まず第一に、ごみを出さないよう工夫し、ごみの減量化を目指しましょう。
そして、ごみに捨てる前に、もう一度何か他の用途で使えないかを考えて、できるだけリユースしましょう。
それでもごみとなる場合は、資源として別の形に生まれ変わって使えるようにリサイクルしましょう。
スリーアールの具体的な行動例は、次のとおりです。
できることから、はじめてみましょう。
 

リデュース(ごみの減量化)

  • 商品を購入する際は、必要なものを必要なだけ買う。
  • マイバッグや風呂敷を持参して、不要なレジ袋はもらわない。
  • マイバッグ、マイボトル、マイ箸を携帯する。
  • 使い捨ての割り箸や、スプーン、ストローなどはもらわない。
  • 料理は、食べ残しのないように、適量を調理する。
  • 料理くずを出さないように調理方法を工夫する。
  • 生ごみは水切りを徹底し、水分を減らす。
  • 今あるものを大事に使う。
  • 短期間しか利用しないものはレンタルする。

リユース(繰り返し使用する)

  • 修理やリフォームをして使えるものは大切に使う。
  • 繰り返し使用できるリターナブルびんを活用する。
  • リサイクルショップやフリーマーケットを活用する。
  • 必要がなくなったものは、捨てる前に別の用途で使えないか考える。
  • 自分で必要がなくなったものでも、必要とする人に譲る。
  • 古書店や古着店を積極的に利用する。

 

リサイクル(資源として再生利用する)

  • ごみを出す際は、地域の分別ルールをきちんと守る。
  • 子ども会などの地域の集団資源回収活動や、スーパーの店頭回収に協力する。

このページに関するお問い合わせ

環境生活部 資源循環推進課 資源循環担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5367 ファクス番号:019-629-5369
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.