エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  環境  ›  産業廃棄物  ›  ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物  ›  高濃度PCB廃棄物の処理期限等について


ここから本文です。

高濃度PCB廃棄物の処理期限等について

ID番号 N60012 更新日 平成29年11月1日

ポリ塩化ビフェニル(PCB)は、絶縁性、不燃性等の特性により、変圧器、コンデンサーなどに使用されましたが、昭和43年のカネミ油症事件を受け、我が国では、昭和47年以降製造が中止されました。
その後、平成13年にPCB特別措置法が成立し、中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)の処理施設で高濃度PCB廃棄物の処理が行われています。

処分期間内の処理

高濃度PCB廃棄物は、JESCO の処理施設ごとにPCB特別措置法により、処分期間が決まっていて、北九州事業エリア(※)では、早いもので平成29年度末までにJESCOに処分委託しなければなりません。

※岩手県は北海道事業エリアに含まれ、処分期間は、早いもので平成33年度末となります。

期限を過ぎると、措置命令や罰則の対象になります。

事業用の蛍光灯安定器にPCBが含まれている場合があります

最近でも古い安定器が破裂し、PCBが漏洩する事案が発生しています。

処分期間内に確実に処分委託できるよう、お持ちの照明器具の確認をお願いします。

参考情報

環境省HP

http://www.env.go.jp/recycle/poly/pcb_soukishori/

経済産業省ウェブサイト(PCB機器の処理促進)

http://www.meti.go.jp/policy/energy_environment/kankyokeiei/pcb/index2_2.html

経済産業省ウェブサイト(電気事業法関係)

http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/sangyo/electric/detail/pcb.html

中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)

http://www.jesconet.co.jp/

一般社団法人日本電気工業会

http://www.jema-net.or.jp/Japanese/pis/pcb/index.html

一般社団法人日本照明工業会

http://jlma.or.jp/kankyo/pcb/index.htm

このページに関するお問い合わせ

環境生活部 資源循環推進課 廃棄物対策担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5388 ファクス番号:019-629-5369
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.