エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  環境  ›  環境保全  ›  鉱業・水資源  ›  鉱害・砂利・採石に関すること


ここから本文です。

鉱害・砂利・採石に関すること

ID番号 N3126 更新日 平成28年7月11日

北上川清流化事業

「やはらかに柳あをめる北上の岸邊目に見ゆ泣けとごとくに」

この詩は、石川啄木「一握の砂」の一節で、明治40年(1907年)頃、啄木がふるさとを想い詠まれたとされています。
現在、盛岡市内を流れる北上川では、この詩が目に浮かぶかのような清流を見ることができますが、ほんの30年程前まで、この川が赤褐色に濁った川であったこと、そして、現在の北上川の清流が、人為的に保たれていることをご存知でしょうか。

砂利採取業

県内で砂利採取業を行う場合は、砂利採取業の登録及び砂利採取計画の認可が必要です。土地の造成が目的であっても、内容によっては砂利採取業に該当する場合があります。
(注)河川砂利の採取については、河川管理者の許可が必要です。

関係法令

様式ダウンロード(お問い合わせ先)

申請・届けにあたっては、申請書・届書の他に各種添付書類が必要ですので、採取場の所在地を管轄する広域振興局保健福祉環境部に、事前にご相談くださいますようお願いいたします。
なお、宮古市・大船渡市・花巻市・一関市・西和賀町で採取を行う場合は、採取計画認可に関係する手続はそれぞれの市・町が担当します。

(注)砂利採取業者登録申請書は13,700円分、採取計画認可申請書は36,100円分、採取計画の変更認可申請書は16,200円分の県収入証紙が必要です。

砂利採取業務主任者について

砂利採取業務主任者とは、砂利の採取に伴う災害の防止に関する職務を行う人のことで、砂利採取業を行う場合は、必ず砂利採取業務主任者を置かなければなりません。
砂利採取業務主任者試験は例年、年1回、11月第2金曜日に行われています。(受験資格はありません。どなたでも受験できます。)

(注)砂利採取業務主任者試験合格証・認定証の再交付申請は400円分の県収入証紙が必要です。

採石業

県内で採石業を行う場合は、採石業の登録及び岩石採取計画の認可が必要です。土地の造成が目的であっても、内容によっては採石業に該当する場合があります。

関係法令

様式ダウンロード(お問い合わせ先)

申請・届けにあたっては、申請書・届書の他に各種添付書類が必要ですので、採取場の所在地を管轄する広域振興局保健福祉環境部に、事前にご相談くださいますようお願いいたします。
なお、宮古市・大船渡市・花巻市・一関市・二戸市・西和賀町で採取を行う場合は、採取計画認可に関係する手続はそれぞれの市・町が担当します。

(注)採石業者登録申請書は18,200円分、採取計画認可申請書は51,800円分、採取計画の変更認可申請書は33,200円分の県収入証紙が必要です。

 

採石業務管理者について

採石業務管理者とは、岩石の採取に伴う災害の防止に関する職務を行う人のことで、採石業を行う場合は、必ず採石業務管理者を置かなければなりません。
採石業務管理者試験は例年、年1回、10月第2金曜日に行われています。(受験資格はありません。どなたでも受験できます。)

(注)採石業務管理者試験合格証・認定証の再交付申請は400円分の県収入証紙が必要です。

このページに関するお問い合わせ

環境生活部 環境保全課 鉱業・水資源担当(鉱業)
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5358 ファクス番号:019-629-5364
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.