エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  医療  ›  薬務  ›  献血  ›  岩手県合同輸血療法委員会の平成25年度調査・研究成果について


ここから本文です。

岩手県合同輸血療法委員会の平成25年度調査・研究成果について

ID番号 N23180 更新日 平成26年3月31日

平成23年度に、県内の血液製剤を使用する主な医療機関、岩手県赤十字血液センター及び岩手県保健福祉部では「岩手県合同輸血療法委員会」を設立し、県内における適正かつ安全な輸血療法の向上を目指すための調査・研究などに取り組んでいます。

この度、平成25年度の調査・研究成果等を 添付ファイルのとおり取りまとめましたので、各医療機関において輸血医療の向上にお役立ていただければ幸いです。

岩手県合同輸血療法委員会 代表世話人
岩手医科大学医学部臨床検査医学講座

教授 諏訪部 章

1 岩手県合同輸血療法委員会 平成25年度アンケート調査報告

本会参加28医療機関への輸血医療に関するアンケート調査です。

2 新鮮凍結血漿及びアルブミンの適正使用に係る講演資料等

平成25年10月19日に開催した平成25年度岩手県合同輸血療法委員会における特別講演等の資料です。

  1. 本県におけるFFP使用の現状について(岩手県合同輸血療法委員会世話人会)
  2. 新鮮凍結血漿およびアルブミン適正使用についての考え方(日本赤十字社東北ブロック血液センター製剤部長 峯岸正好氏)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 健康国保課 薬務担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5467 ファクス番号:019-629-5474
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.