エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  医療  ›  医療制度・政策  ›  地域医療  ›  地域医療基本法(仮称)の制定に向けた岩手県の提言


ここから本文です。

地域医療基本法(仮称)の制定に向けた岩手県の提言

ID番号 N43418 更新日 平成28年3月7日

地域医療基本法公式ホームページのトップページ

地域医療基本法(仮称)の制定に向けた岩手県の提言

今、岩手県の被災地では、国内外からのご支援のもと、復興に向けた歩みが着実に進んでいます。
しかし、岩手県の県立病院ではピーク時に比べ、常勤医が減少し、医師不足が復興に向けた大きな課題の1つになっています。

岩手県では医師確保のために様々な取組を行ってきました。その結果、医師の数自体は増えています。しかし、全国との格差は広がっていますし、県内で必要な医師数の確保にはまでは至っていません。

医師の不足や地域偏在は、岩手だけ、被災地だけの問題ではありません。日本の医療全体の課題になりつつあります。

団塊の世代が75歳以上となる2025年に向け、
都市部での医療需要の大幅な増加や少子高齢化に伴う医療ニーズの変化に対応できなければ、
日本の医療全体が崩壊しかねません。

全国レベルでの医師養成、配置により、
持続可能な医療提供体制の構築が必要です。

国民が、居住する地域にかかわらず等しく適切な医療をうけることができるよう、
岩手県は、これからの時代に合った医療制度を構築するためのグランドデザインである「地域医療基本法」の制定を提言しています。

ぜひ、岩手県知事によるプレゼンテーション動画をご覧下さい!
また、地域医療基本法公式ホームページには地域医療基本法の草案や有識者と知事の対談も掲載しています。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 医療政策室 医療政策担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5492 ファクス番号:019-626-0837
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.