エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  医療  ›  医療制度・政策  ›  地域医療  ›  周産期医療対策


ここから本文です。

周産期医療対策

ID番号 N6463 更新日 平成26年1月29日

岩手県周産期医療システム

平成13年4月から、総合周産期母子医療センターを中核として、地域周産期母子医療センター、協力病院等が連携して、リスクの高い妊娠に対する医療や高度な新生児医療を提供する「岩手県周産期医療システム」を構築しています。

総合周産期母子医療センター

医療機関

岩手医科大学附属病院

機能

  1. リスクの高い妊婦に対する医療、高度な新生児医療を提供すること
  2. MFICUを含む産科病棟、NICUを含む新生児病棟を有していること
  3. 県下各地域からの搬送の受け入れが可能であること
  4. 周産期医療情報センターの機能を有していること

地域周産期母子医療センター

医療機関

岩手県立中央病院、岩手県立中部病院、北上済生会病院、岩手県立大船渡病院、岩手県立久慈病院、盛岡赤十字病院、岩手県立磐井病院、岩手県立二戸病院、岩手県立宮古病院

機能

  1. 周産期に係る比較的高度な医療を提供すること
  2. 産科(緊急帝王切開)及び小児科(新生児医療)を提供すること
  3. 合併症妊娠に対応できる診療科を有していること
  4. 地域周産期関連施設との連携機能を有していること
  5. 正常分娩に対応すること

周産期母子医療センター協力病院

医療機関

岩手県立釜石病院

機能

  1. 周産期に係る比較的高度な医療を提供すること
  2. 地域周産期医療センター機能を補完すること
  3. 地域周産期関連施設との連携機能を有していること
  4. 正常分娩に対応すること

(平成25年4月現在)

(注)「周産期」:妊娠満22週から生後満7日未満
(注)「MFICU」:母体胎児集中治療管理室
(注)「NICU」:新生児集中治療管理室

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 医療政策室 地域医療推進担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5415 ファクス番号:019-626-0837
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.