エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  医療  ›  健康  ›  難病(特定疾患)対策  ›  指定難病に係る診断基準及び臨床調査個人票


ここから本文です。

指定難病に係る診断基準及び臨床調査個人票

ID番号 N30969 更新日 平成29年4月26日

指定難病(330疾病)に係る診断基準及び重症度分類等、臨床調査個人票については下記厚生労働省ホームページをご覧ください。

平成29年4月1日より臨床調査個人票の様式が変更(新規申請/更新申請の様式を統一)になりましたので、平成29年4月1日以降に臨床調査個人票を作成される場合は、新しい様式に記入してください。

また、平成29年3月31日まで指定されていた306疾病について、平成29年4月1日から診断基準及び重症度分類等の一部改正がありました。

※ 臨床調査個人票は岩手県知事が指定している指定医以外は記載できませんので、ご注意ください。

関連リンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 健康国保課 健康予防担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5468 ファクス番号:019-629-5474
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.