エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  医療  ›  健康  ›  難病(特定疾患)対策  ›  いわゆる「脳脊髄液減少症」に関する情報


ここから本文です。

いわゆる「脳脊髄液減少症」に関する情報

ID番号 N2279 更新日 平成26年1月17日

いわゆる「脳脊髄液減少症」について

近年、交通事故やスポーツ外傷等の後に、脳脊髄液が漏れ出し減少することによって、起立性頭痛などの頭痛、頚部痛、めまい、倦怠、不眠、記憶障害などのさまざまな症状を呈するいわゆる「脳脊髄液減少症」と呼ばれる疾患が起こりうるのではないかとの報告が一部の研究者からなされています。

この疾患については、医学的な解明が進められている段階であり、いまだ定まった知見や治療方法が確立しておらず、専門家の間で科学的な研究が行われています。

一方では、事故等の後遺症として、通常の生活を送ることに支障が生じているにも係らず、周りの人から単に怠慢である等の批判を受け、十分な理解を得られなかったことなどの事例も指摘されています。
また、診察・治療を行っている医療機関が少ないことなどから、患者さんの多くは医療機関を探すことに大変苦労している状況です。

診察が可能な医療機関

岩手県では、関係医療機関の協力を得て、いわゆる「脳脊髄液減少症」の診察・治療を行っている医療機関の調査を行いました。(診察等を行っている医療機関は、添付ファイルのとおりです。)
相談や受診をする場合には、必ず「利用上の注意事項」をご一読いただきますようお願いします。

利用上の注意事項

本調査は、岩手県内において「神経内科」「整形外科」「脳神経外科」及び「麻酔科」を標榜している医療機関に対してアンケートを行った結果、いわゆる「脳脊髄液減少症」に対する治療等を行っていると回答した医療機関のうち、公表することについて同意をいただいた医療機関のみを掲載しています。

  1. ここに掲載されていない医療機関が全て診療・相談ができないということではありません。
  2. 受診の際には必ず事前に医療機関にお問い合わせください。
  3. 治療方法につきましては、担当医師とよくご相談ください。
  • この疾患については、定まった知見がないことから、「診断そのものが難しく、疾患名を確定できない場合があること」に留意願います。

県内の医療機関の皆様へ

いわゆる「脳脊髄液減少症」の診療等が可能であり、ホームページ上に公表可能な場合は下記担当までお知らせください。
ご連絡いただいた情報は随時更新いたします。

添付ファイル

関連リンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 健康国保課 健康予防担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5468 ファクス番号:019-629-5474
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.