エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  医療  ›  健康  ›  結核  ›  岩手県結核予防計画について


ここから本文です。

岩手県結核予防計画について

ID番号 N6674 更新日 平成26年1月17日

岩手県結核予防計画について、標記計画を平成18年1月に策定し、結核対策に取り組んできたところですが、今般、策定から5年以上が経過したこと等から、添付ファイルのとおり改定しましたので、お知らせします。

計画期間

2016年(平成28年)まで

目標

2016年(平成28年)の結核罹患率(人口10万人あたり)の目標を8.0以下と設定する。

基本方針

  1. 予防対策の重点化
    発症のリスク等に応じた効率的な定期健診、初発患者の周辺の接触者健診、咳、喀痰、微熱等の有症状時の早期受診の勧奨等により感染者(特に高齢者層)の早期発見及び医療機関や社会福祉施設等におけるまん延の防止対策に取り組むとともに、BCG接種による乳幼児の重症結核の予防に重点的に取り組む。
  2. 適切な医療の提供ときめ細かな患者支援
    患者に対して、病態等に応じた適切な医療を早期に提供するため、地域医療連携体制を整備するとともに、治療完遂に向けた患者支援等きめ細やかな個別対応を徹底する。
  3. 人権の尊重
    結核患者の治療のための入院措置等や結核患者の接触者への健診などの行政対応を行う場合は、結核の予防と患者の人権、さらには感染を受ける可能性のある者の人権の尊重との調和を基本とし、法の要請に基づいた適正な手続きの実施を徹底するとともに、県民の間に結核に対する偏見や無用の恐怖が生じないよう、あらゆる機会を通じて結核に関する正しい知識の普及啓発を図る。

計画の構成

第1 計画の趣旨
第2 本県の結核の現状と課題
第3 結核予防推進の目指す姿及び基本方針
第4 発生の予防及びまん延の防止に関する取組み
第5 結核医療の提供
第6 調査研究の推進及び人材の養成に関する取組み
第7 計画の進捗管理及び検証

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 医療政策室 感染症担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5472 ファクス番号:019-626-0837
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.