エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  医療  ›  健康  ›  感染症情報  ›  エボラ出血熱の県内発生を想定した医療機関における基本的な対応について


ここから本文です。

エボラ出血熱の県内発生を想定した医療機関における基本的な対応について

ID番号 N29946 更新日 平成27年5月15日

県内医療機関の皆様へ(依頼)

  厚生労働省健康局結核感染症課長からの通知を踏まえ、次の3点について徹底くださるようお願いします。
 
1 発熱症状を呈する患者には必ず渡航歴を確認すること。
 
2 受診者について、発熱症状に加え、ギニア又はシエラレオネの過去1か月以内の滞在歴が確認できた場合は、エボラ出血熱の疑似症患者として直ちに最寄りの保健所長へ届出を行うこと。
 
3 ギニア又はシエラレオネの過去1か月以内の滞在歴を有し、かつ、発熱症状を呈する患者からの電話の問い合せがあった場合は、当該エボラ出血熱が疑われる患者に対し、最寄りの保健所へ連絡するよう、要請すること。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 医療政策室 感染症担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5472 ファクス番号:019-626-0837
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.