エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  医療  ›  健康  ›  感染症情報  ›  平成26年9月5日発表 デング熱の国内感染症例の発生について


ここから本文です。

平成26年9月5日発表 デング熱の国内感染症例の発生について

ID番号 N28446 更新日 平成26年9月5日

次のとおり県内で、海外渡航歴がないデング熱の初発患者が発生しましたのでお知らせします。

平成26年9月3日に、県内の医療機関から管轄保健所に、海外渡航歴がないデング熱を疑う患者(1名)が発生した旨の連絡があり、県環境保健研究センターで検査した結果、本日、デング熱患者と確定されました。

なお、当該患者は、先月都立代々木公園周辺に宿泊しており、また、現在、症状は消失し回復しています。

デング熱患者等の概要

(1) 年齢等        10歳代 女性 県内在住
(2) 発症・受診  平成26年8月23日に発症、県内の医療機関を受診
(3) 症状      発熱、頭痛、発疹等(現在は、回復している。)
(4) 海外渡航歴 なし
(5) 蚊の刺咬歴 平成26年8月17~18日、都立代々木公園周辺
(6) 確認検査   平成26年9月5日に県環境保健研究センターで遺伝子検査陽性(デングウイルス1型)
(7) 関係者調査 患者と行動を共にした関係者、家族等については健康状態に異常はありません。

本県の対応

(1) 県内保健所に相談窓口を設置。【県ホームページに掲載】
(2) 県環境保健研究センターを中心に、迅速検査体制を維持
(3) 県内医療機関との連携を強化し、引き続き、情報提供の徹底を依頼します

県民への注意喚起事項

現在、県内で、感染拡大する状況にはありませんが、次の点にご注意願います。
(1) 蚊に刺されて3~7日程度で発熱等の症状がある場合には、速やかに医療機関を受診すること。
(2) デング熱の予防は蚊との接触を避け、蚊に刺されないようにすることが重要です。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 医療政策室 感染症担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5472 ファクス番号:019-626-0837
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.