エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  医療  ›  健康  ›  ICAT(いわて感染制御支援チーム)  ›  平成28年熊本地震に係るICATの活動(平成28年8月18日更新)


ここから本文です。

平成28年熊本地震に係るICATの活動(平成28年8月18日更新)

ID番号 N44966 更新日 平成28年8月18日

hyousyoujou

<今回の活動に対し、知事あてに感謝状が届きました>

 今般の熊本地震に係るいわて感染制御支援チーム(ICAT)の活動に対し、平成28年8月1日、(一社)日本環境感染学会 賀来満夫理事長からICATの設置主体である本県あてに感謝状が贈られました。
 熊本地震において被災された皆様に改めてお見舞いを申し上げますとともに、今般の活動に対し御理解と御協力をいただいた全ての関係者の皆様に、改めて御礼を申し上げます。


 

【活動の概要】

  • 平成28年4月に発生した熊本地震においては、避難生活が長引き、避難所の衛生環境の悪化が見込まれることから、(一社)日本環境感染学会からの要望も踏まえ、現地の情報収集するため、先遣隊として「いわて感染制御支援チーム(ICAT)」メンバーを下記のとおり現地に派遣しました。
  • 以下のICAT派遣メンバーが熊本地震被災地に現地入りしました。

【派遣メンバー】(ICAT構成員)

  • 岩手医科大学感染症対策室長 櫻井 滋 教授
  • 岩手 県立磐井病院 高橋 幹夫 臨床検査技師長(感染制御認定臨床微生物検査技師)
  • 岩手医科大学臨床検査医学講座 小野寺 直人 薬剤師(感染管理制御専門薬剤師)

【派遣期間】

  • 4月22日(金)から25日(月)まで
     

【今回の主な活動】

1 今回の目的は被災地の現地調査で、感染症の集団発生を防止するため、規模が大きい避難所を中心に、衛生状況の視察を行いました。

2 あわせて、衛生資材の不足が認められた避難所には、手指アルコール消毒剤やマスク、感染症予防のためのポスター等を持参し、配布しました。
 

【今後の予定】

  • 今回の先遣隊の調査結果や熊本県等からの要請を踏まえ、今後の対応について検討します。

 

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 医療政策室 感染症担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5472 ファクス番号:019-626-0837
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.