エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  医療  ›  健康  ›  がん対策  ›  がん患者・家族会 学習・情報交換会の開催のお知らせ


ここから本文です。

がん患者・家族会 学習・情報交換会の開催のお知らせ

ID番号 N28988 更新日 平成29年10月19日

岩手県が主催する、がん患者・家族会 学習・情報交換会の開催についてお知らせします。

平成29年度がん患者・家族会 学習・情報交換会の開催しました

 県では、がん患者・家族会及びがんサロンの活動の活性化やがん患者の生活の質の向上を図るため、患者・家族会及びがんサロンの活動に関する情報交換・学習会を毎年開催しています。
今年度も9月30日(土)に開催しました。当日はがん患者・家族会、がんサロンの皆様、県内のがん診療連携拠点病院等の医師、認定看護師、がんサロンのボランティアの皆様など37名の方にご参加頂きました。

講演

【テーマ】 がん治療における歯科連携の役割について。口腔ケアの推進

【講 師】 一般社団法人 岩手県歯科医師会

      会長 佐藤 保氏

 「がん治療における医科歯科連携の意義」、「口腔ケアががん治療にどのように役立つのか」、「がん化学療法 歯科介入の意義」、「県内におけるがん拠点病院との連携状況」などについて講演頂きました。
佐藤会長からは、「がん治療における医科歯科連携の意義は、がん治療に伴う口腔ケアトラブルを予防・軽減して経口摂取を支援し、治療を乗り切る気力、支え、苦痛(歯、口腔に関する)の少ない質の高い治療を
行い、がん治療中の歯科疾患の発症・合併症発症のリスクを軽減することです。医科歯科連携について多くの県民の皆様に機会を作り、お話をしていきたいと思います。」とお話されました。

 参加者からは、「医科歯科連携の重要性を理解できた。」、「毎日の歯磨きや定期的な歯科診療の大切さを実感した。」、「訪問歯科診療の事をたくさんの方に知ってもらいた。」という感想が寄せられました。

歯科医師会 会長 佐藤保氏


報告

【テーマ】 地域におけるがん患者支援体制について

1、県立久慈病院におけるがん患者支援の取組
  【講 師】 県立久慈病院 主任医療社会事業士 安達 奉国氏

 2、県立胆沢病院の取組
  【講 師】 県立胆沢病院 医療社会事業士 中村 由佳氏

 会の後半では県立病院の医療相談室のメディカルソーシャルワーカーのお二人から、各地域における患者支援体制についてご報告頂きました。
 県立久慈病院 主任医療社会事業士の安達さんからは、「久慈病院における相談支援体制」、「医科歯科連携とがん相談」、「がんサロンの状況、介護出張相談窓口」などについて
 県立胆沢病院 医療社会事業士 中村さんからは、「がん相談支援センターの取組について」、「院内の取組について、医療情報コーナーのご紹介」、「胆沢圏域の現状」についてご報告頂きました。

 参加者からは、「久慈病院の介護出張相談は患者にとって心強い。」、「胆沢病院の医療情報コーナーのイベント開催はすごいと思った。」、「10年前には無かった支援体制が増えありがたく感じた。」、「各病院・地域
の特徴に合わせて取組をしていることが分かり、心強いメディカルソーシャルワーカーの皆さんがいらっしゃるので安心して受診できます。」といった感想が寄せられました。

msw


平成28年度がん患者・家族会学習会・情報交換会の開催しました

 平成28年9月24日(土)がん患者・家族会及びサロンの活動の活性化やがん患者の生活の質の向上を図るために、岩手県庁(盛岡市)でがん患者・家族会 学習・情報交換会を開催しました。
 当日はがん患者・家族会の会員やがん拠点病院の認定看護師、がんサロンの担当者など37名の方にご参加頂きました。

 1、県からの報告

 県庁医療政策室担当から次期「がん対策推進基本計画」について、本県のがん対策の取組状況について、がん
 患者等に対する就労支援について、がん教育についてなど説明しました。
  説明後は、参加者から質問や意見を頂きました。
 

2、講演

【テーマ】 緩和ケアについて ~いつでも、どこでも患者さんと家族を支える~
【講 師】 岩手県立大船渡病院 緩和医療科長 村上 雅彦氏

・「がんの痛みに関する誤解」、「緩和ケアに関する誤解」、「緩和ケアの提供体制」などについて講演頂きました。
  参加者からは「がんと診断された時からの緩和ケアの話を聞き、緩和ケアの本当の意味が理解できた」という感想
 が寄せられました。

緩和講演

3、情報、意見交換

・県医療政策室担当から他県のがん患者団体連絡協議会の設置状況について説明しました。
  その後、各患者会の現状、本県のがん患者団体連絡協議会設置に関する意見交換を行いました。
 がん患者団体連絡協議会の設置について、色々なご意見が寄せられました。
 今後も患者会の皆様と協議を重ねていきたいと思います。

 

「平成27年度 がん患者・家族会学習会・情報交換会」を開催しました

 平成27年11月21日(土) がん患者・家族会及びサロンの活動の活性化やがん患者の生活の質の向上を図るために、岩手県福祉総合相談センター(盛岡市)でがん患者・家族学習会・情報交換会を開催しました。
 当日はがん患者・家族会の会員やがん拠点病院の医師、がんサロンの担当者など20名の方にご参加頂きました。

 

1、国・県のがん対策について

 県庁医療政策室の担当から本県のがんの状況、国、本県のがん対策について説明しました。
 説明後は参加者から質問や意見を頂きました。

2、意見交換会

テーマ別グループワーク
 【グループワークテーマ】
 (1)患者会が抱える運営上の問題
 (2)患者会の連携について
 (3)患者サロン(病院)と患者会の関わりについて

  会の後半では、グループワークを行いました。希望するテーマに分かれ、意見交換会を行いました。 
  最後は各テーブルの代表者からどのような話し合いが行われたか発表して頂きました。それぞれの患者会の現状・困りごと・要望など、普段別々に活動している皆さんの間で共有することができ、さまざまな気づきを得られる場となりました。
   県に対する貴重なご意見も頂くことができ、有意義な時間となりました。

 

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 医療政策室 地域医療推進担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5415 ファクス番号:019-626-0837
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.