エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  放射能に関する情報  ›  県の取り組み  ›  畜産物(畜産課、流通課)  ›  原乳の放射性物質の調査


ここから本文です。

原乳の放射性物質の調査

ID番号 N20023 更新日 平成29年7月28日

原乳の放射性物質の調査結果について(第244回)

○県内6乳業施設の原乳の調査を施しました(7月24日採材、7月26日測定)
 
その結果、すべて「不検出」でした。
 

 1 調査結果

(単位:Bq/kg)
地域名
調査地点名
セシウム-134測定値
セシウム-137測定値
放射性セシウム合計
県北
八幡平市(コールドセンター)
不検出
不検出
不検出
(<1.0)
(<1.4)
(<2.4)
葛 巻 町(乳業工場)
不検出
不検出
不検出
(<1.2)
(<1.2)
(<2.4)
一 戸 町(乳業工場)
不検出
不検出
不検出
(<1.3)
(<1.1)
(<2.3)
県南
一 関 市(コールドセンター)
不検出
不検出
不検出
(<1.4)
(<1.5)
(<2.9)
遠 野 市(コールドセンター)
不検出
不検出
不検出
(<1.1)
(<1.5)
(<2.6)
金ケ崎町(コールドセンター)
不検出
不検出
不検出
(<1.5)
(<1.6)
(<3.1)
  ※ 1)コールドセンター:酪農家で生産された牛乳を一次的に冷却・貯蔵する施設   
    2)採取日:7月24日 測定日:7月26日
    3)測定機関:岩手県農業研究センター
    4)表中『 <(数値)』は、放射性物質が不検出・または検出限界値未満であった場合に、検査結果欄に『<(検出限界値)』を付記しています。( )内に示す検出限界値は、分析条件下において機器が検出することができる最小値を示しており、実際の原乳中の放射性物質の濃度は、その検出限界値よりも低いことを意味します。
    5)第244回調査より、調査頻度を月1回、調査地点を県内6乳業施設としてモニタリング調査を実施
    6)(参考)食品衛生法の原乳の基準値:50 Bq/kg(セシウム134及びセシウム137の合計)
 
 

2 調査計画(第245回)

(1)対  象:県内6乳業施設
(2)採 取 日:8月21日(予定)
(3)測 定 日:8月23日(予定)

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 畜産課 畜政担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5727 ファクス番号:019-623-0201
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.