エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  放射能に関する情報  ›  岩手県産食品の安全性情報(検査体制と基準値適合状況)


ここから本文です。

岩手県産食品の安全性情報(検査体制と基準値適合状況)

ID番号 N17720 更新日 平成28年12月2日

岩手県産食品(農林水産物、流通食品)の放射性物質濃度の検査結果について、平成23年度に開始してからこれまでの状況は、

  • 米、麦、大豆、野菜、果実から国の基準値を超える放射性物質は検出されていません。
  • 豚肉、鶏肉、鶏卵、原乳から国の基準値を超える放射性物質は検出されていません。
  • 牛肉については、全頭検査により安全性を確認しています。
    平成24年3月23日以降、国の基準値を超える放射性物質は検出されていません。
  • 林産物、水産物などについては、一部を除き国の基準値を超える放射性物質は検出されていません。

平成27年度(平成27年4月から平成28年3月)の検査結果の概要は、検査総件数25,088件のうち、25,079件(99.96%)は国の基準値以下で、国の基準値を超えたものは9件(0.04%)でした。

平成26年度(平成26年4月から平成27年3月)の検査結果の概要は、検査総件数25,533件のうち、25,521件(99.95%)は国の基準値以下で、国の基準値を超えたものは12件(0.05%)でした。

平成25年度(平成25年4月から平成26年3月)の検査結果の概要は、検査総件数26,815件のうち、26,798件(99.94%)は国の基準値以下で、国の基準値を超えたものは17件(0.06%)でした。

平成24年度(平成24年4月から平成25年3月)の検査結果の概要は、検査総件数25,276件のうち、25,016件(98.97%)は国の基準値以下で、国の基準値を超えたものは260件(1.03%)でした。

県等の検査体制

岩手県が実施している検査は、以下のとおりです。

  • 農林水産物の検査計画に基づく検査
    国の指針に沿って県が策定した「県産農林水産物の放射性物質濃度の検査計画」等に基づき、県内で生産(収穫・漁獲)される農林水産物の主な品目について、主要産地市町村等を対象に検査を行っています。 (農林水産部農林水産企画室)
  • 流通食品の収去検査
    食品衛生法に基づき食品衛生監視員が収去検査(食品関係施設から食品等を無償で持ち帰り検査)を行っています。 (環境生活部県民くらしの安全課)
  • 野生山菜・きのこの全市町村検査
     野生山菜と野生きのこの放射性物質濃度について、県内の全市町村を対象に検査を行っています。 (総務部総務室)
  • 野生鳥獣肉の検査
     一部に出荷制限指示が出されている野生鳥獣肉について、検査を行っています。 (環境生活部自然保護課)

このほか、各市町村や他の都道府県、産地直売所、卸売市場等においても、岩手県産食品について自主的に検査を行っています。

岩手県産食品の基準値適合状況

ここでは、厚生労働省が発表しているデータをもとに、岩手県が行った検査だけでなく、岩手県産食品を対象に行われたすべての放射性物質濃度検査の結果を集計しています。

岩手県産食品の基準値適合状況の図(平成28年度)

岩手県産食品の基準値適合状況の図(平成27年度)

岩手県産食品の基準値適合状況の図(平成26年度)

岩手県産食品の基準値適合状況の図(平成25年度)

岩手県産食品の基準値適合状況の図(平成24年度)

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

総務部 総務室 放射線影響対策担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-6815 ファクス番号:019-629-5064
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.