エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県政情報 ›  県法規集・県報・公益法人制度・行政手続・不服審査  ›  公益法人制度  ›  各種申請について


ここから本文です。

各種申請について

ID番号 N5932 更新日 平成26年1月17日

宗教法人規則認証書等謄本の交付

規則及び認証書は、宗教法人がその事務所に備え付けなければならない書類です(宗教法人法第25条第2項第1号)。宗教法人がこれらの書類を紛失、棄損等して事務所に備え付けることができなくなった場合、規則及び認証書に関する証明を行い、謄本を新たに交付しています。

提出先

宗教法人規則認証書等謄本の交付の申請を行う場合は、岩手県総務部法務学事課に関係書類を添えて申請してください。

「関係書類」は、証明願出理由書(任意様式)及び登記事項証明書(法人登記簿謄本)です。

境内地・境内建物の証明

土地や建物を購入したり、建物を新築した場合は、その所有権を第三者に主張するために不動産登記が必要です。その登記のために必要な税金が登録免許税で、国税として課税されます。

しかし、宗教法人においては、専ら自己又はその被包括宗教法人の宗教の用に供する宗教法人法第3条に規定する境内建物及び境内地については非課税とされています。この非課税の扱いを受けるためには、非課税の要件に該当する不動産である旨の当該不動産の所在地の都道府県知事が発行する証明書を添付する必要があります。

このような非課税の扱いを受けるためには、当該不動産が、単に名目だけでなく、使用の実態がもっぱらその本来の用に供されていなければなりません。

上記の要件に該当する不動産である旨の当該不動産の所在地の都道府県知事が発行する証明書を、不動産登記申請書に添付することにより、登録免許税の非課税措置を受けることができます。

なお、岩手県に所在する土地について当該証明の申請をための手数料として、一通につき400円相当の岩手県収入証紙が必要です。

提出先

証明を受けようとする境内地・境内建物の所在地に応じ、下記の広域振興局に関係書類を添えて申請してください。添付書類については、各広域振興局又は下記担当までお問い合わせください。

提出先

このページに関するお問い合わせ

総務部 法務学事課 法務担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5050 ファクス番号:019-629-5049
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.