エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  福祉  ›  自殺総合対策  ›  身近で悩んでいる人がいたら ~私たちにもできるこころの支援を考えよう~


ここから本文です。

身近で悩んでいる人がいたら ~私たちにもできるこころの支援を考えよう~

ID番号 N37924 更新日 平成27年7月29日

岩手県は全国的にも自殺で亡くなる方の割合が高く、毎年300人以上が自殺で亡くなっています。
平成23年に発生した東日本大震災では、県内でも多くの方が被災され、避難生活の長期化等によるストレスや大切な人を失った深い悲しみから、心身の不調を感じている方もいらっしゃいます。
このようにつらい気持ちを抱えている方を支えているのは、多くの場合家族や友人、職場の同僚など身近な方々です。
私たちは誰でも悩んでいる方と関わる可能性があります。悩んでいる人を支えるために私たちにもできるこころの支援について一緒に考えましょう。

悩んでいる人を支える「ゲートキーパー」

悩んでいる人に、気づき声をかけ話を聴いて必要な支援につなげ見守る人のことを「命の門番」という意味で、「ゲートキーパー」と呼びます。

ゲートキーパーの役割とは、自殺の危険を抱えた人々に気づき適切にかかわることですが、そのために必要となる特別な資格はありません。地域のかかりつけの医師や保健師などをはじめ、行政や関係機関などの相談窓口、民生委員・児童委員や保健推進委員、ボランティア、家族や同僚、友人といった様々な立場の人たちがゲートキーパーの役割を担うことが期待されています。 

気づきのポイント

なんだかいつもと様子が違うと感じたら、何か悩みを抱えているかもしれません。

  • ため息ばかりついている。
  • 最近眠れていないようだ。
  • 仕事中もぼーっとしている。
  • 食欲もなく、やせてきた。
  • 口数が少なくなった。

声かけのポイント

あなたの身近で悩んでいる人がいたら、温かく声をかけてみましょう。

悩んでいる状況を無視せずに心配していることを伝えてみましょう。

<声かけの例>

  • このごろ元気ないようだけどどうしたの?
  • つらそうに見えるけど、何か悩んでた?
  • だいぶ疲れているようだけどどうしたの?

<なぜ声かけが必要なの?>

 悩みを抱えている人は、様々な不安や心配から一人で悩みを抱えてしまうことがあります。

一人で悩みを抱えている人は、孤独感や絶望感を感じているため、気づいたら声をかけて話をよく聴き、一緒に悩み、考えることが孤立を防ぎ安心を与えます。

話を聴くときのポイント

 「話を聴くだけでは何もならない」と感じる人もいると思いますが、傾聴は悩みを抱えている方への大きな支援となります。

<ポイント>

  • うなづく相づちを打つなど、真剣に聞いているという姿勢が伝わるように。
  • 相手の気持ちを否定したり、相手を責めたりせず、辛さを理解しようという気持ちで。「それはつらいですよね」
  • 気持ちを打ち明けてくれたことやこれまで苦労してきたことにねぎらいを。「よく話してくれたね」「これまでよくがんばってきたね」

つなぎ・見守りのポイント

ゲートキーパーは専門家につながる前の初期対応が大切な役割です。

相談先についての情報提供を丁寧におこない、場合によっては一緒に相談に行くなど、適切な専門家につながるよう支援することも大切な役割です。

中には、声をかけてもなかなか相談につながらない方もいるかもしれません。そんなときには、温かく見守ることも支援の一つです。

自分自身のこころの健康を守るために

セルフケアをしてください。そして、つらいときには人に相談したり、支援を求めたりすることもこころの健康を守るために必要な力です。

つらい状況を乗り越えるための対処法は人それぞれです。

  • 疲れた時は休養や睡眠を十分にとること
  • 趣味や余暇活動で気分転換をはかること
  • 家族や友人、職場の同僚など身近な人とコミュニケーションをはかること
  • ものの見方や考え方を変えてみること など

悩んでいる人の話を聴くときには ~一人ひとりの語る「物語」を大切にしましょう~

人の語る「物語」には、その人の思いや人生の宝物がたくさん詰まっています。その「物語」を一生懸命聴くことで「あなたを大切に思っている」というメッセージが伝わります。

ここで、作家の浅田次郎さんが「物語の持つ力を岩手の自殺対策に活かしてほしい」と書き下ろした『次郎物語』をご紹介します。

県民一人ひとりがゲートキーパーに

私たちは誰でも悩みを抱えている人と関わる可能性があります。
 
こころの健康問題に関心を持つこと、身近で悩んでいそうな人に声をかけることなど、あなたにできることからはじめてみませんか。
 
県民のみなさん一人ひとりがゲートキーパーとしての意識をもち、つながり、支えあっていきましょう。

添付ファイル

誰でもゲートキーパー手帳(いわて版)

関連リンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 障がい保健福祉課 自殺総合対策担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5483 ファクス番号:019-629-5454
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.